のび太の研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活 医学関連 医学書レビュー

「胸痛」と「心窩部痛」

投稿日:2017-07-19 更新日:

johnhain / Pixabay

救急外来で当番をしていると、「胸痛」や「心窩部痛」を主訴に来院される患者さんに悩まされます。同様に「胸部不快感」を主訴の患者さんにも難渋することが多いです。

 

胸痛」を主訴に来院された患者さんの場合には、

急性冠症候群(急性心筋梗塞・不安定狭心症)

緊張性気胸

大動脈解離

肺動脈塞栓症

の4疾患(いわゆるfour killer pain)を除外することから診療は始まります。

 

研修医の中でも人気の『問題解決型 救急初期診療』を紐解いてみます。

鉄則:どんな胸痛(胸部不快感を含む)を主訴とする非外傷性の患者でも、除外診断されるまでは急性冠症候群として扱う。

とあります。そして、急性冠症候群を否定した場合、心血管系疾患は16%、非心血管系疾患は84%となるそうです。(この統計はプライマリケア外来での統計で、救急外来ではこれよりも頻度が高くなるはず、とのこと)

ちなみに、上記の『問題解決型救急初期診療 第2版』では、胸痛を主訴とする患者さんに関しては、上記4疾患に加えて、心タンポナーデ、食道破裂、急性胆嚢炎、急性膵炎の4疾患を加えた合計8疾患を除外すべきである、と書かれています。

胸痛を主訴に来院された場合でも、胸腔内の疾患とは限らない、というのが厄介なところです。鑑別疾患は、心臓・肺の疾患のみならず上部消化器の疾患にまで及びます。

 

その一方、「心窩部痛」を主訴に来院された患者さんの場合には、上記の『問題解決型救急初期診療 第2版』の「上腹部痛」の疾患を見てみると、

急性膵炎

胃・十二指腸潰瘍(とその穿孔)

急性虫垂炎(の初期)

急性膵炎

胆嚢炎、胆石発作、胆管炎

イレウス

などなど鑑別は多彩になりますが、「心窩部痛」と言われると消化管関係の疾患がメインとなります。ただ、もちろん「胸痛」で挙げたfour killer painもありえます。

 

スポンサーリンク

 

「胸痛」と言われるとfour killer painの除外から診療をスタートすれば良いのですが、「心窩部痛」と言われた時に、心電図や胸部Xpはともかく、大動脈解離のための造影CTまで行うかどうかは悩みどころ。

「胸部違和感」程度なら大動脈解離のような激烈な痛みが走る疾患はまずありえないだろう、と言う上級医もいる一方で、「糖尿病」などの基礎疾患でマスクされているかもしれないから、やはりそこは定石通りMUST RULE OUTで除外しておこう、と言う上級医もいて、研修医は翻弄されます。

他にも、肺動脈塞栓症の除外のためにD-dimerを測ってみたら、少し上がっていて、病歴聞いてみると担癌患者さんだから、Wells criteriaの基準を満たして造影しないといけないけど、動脈血ガス分析で酸素化は全然大丈夫だから、ホンマにそこまでいるんかなぁ、みたいなこともあります。

そしてここまでやっても原因が分からず、結局は消化器内科にお願いして、上部消化管内視鏡検査してみて、胃潰瘍による心窩部痛でした、PPI出しときますね、となったとき、徒労感につつまれます。

 

こんな感じが研修医の救急外来のリアルです。日々、「胸痛」「心窩部痛」には悩まされますが、やはり見逃しを少なくするために、両者は同じ主訴だと考えて、日々診療をがんばっている次第です。

ランキングに参加しています。他にも『研修医』『医師』をテーマにした面白いブログがたくさんあるので、よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

336*280

336*280

-研修医生活, 医学関連, 医学書レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

経口補水療法に白いDAKARAは飲んじゃダメ!?

急性胃腸炎や熱中症で救急外来に来られた患者さんに、経口補水療法(Oral Re-hydration Therapy)を指導することがあります。   脱水の際には点滴で水分・電解質を補うのも一 …

sakura

ちょっと慣れてきた2週間目

Hans / Pixabay 働きはじめて2週間。仕事にもちょっと慣れてきました。休日に桜の花を見に行こう、という気持ちの余裕もでてきています。 電子カルテの使い方に最初は悪戦苦闘していたけど、だんだ …

コード・ブルー 3rd season 第9話 -研修医目線の感想-

今話題の月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の感想を書いていきたいと思います。 今回は第9話。バックナンバーはこちらよりご覧ください。   スポンサーリンク Content …

病院の経営戦略 ブランド化は進むのか?

0102oxy / Pixabay プレジデントにこんな記事が掲載されていました。 スタバ「マイボトル」の人は浪費家だった http://president.jp/articles/-/22872 & …

救急当直をして思う

UzbekIL / Pixabay 救急当直はどの病院でも研修医の大事なお仕事の一つだと思います。ある意味、病院の中ではお荷物的存在である研修医が、病院へ貢献できる貴重な場面が「救急外来」であるとも言 …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている初期臨床研修医。医者1年目に見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。