のび太の研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活 日常生活

キラキラネームに関する世相

投稿日:

最近テレビやFacebookを眺めていると、キラキラネームに関する話題がよく目につきます。

 

現代文講師・林先生がキラキラネームと学力の関係を指摘

有名現代文講師の林先生がキラキラネームに関して下記のようなコメントをテレビ番組でしました。

 

林先生は2017年9月24日放送の「林先生が驚く初耳学」(TBS系)で、次のエピソードを披露した。20年ほど前、テストを実施した後に受験者の名前を、高得点を取った順に見ていった。すると途中から急に名前が読めなくなったという。一定の点数以下にキラキラネームが多くなったようだ。

さらに2017年、東京大学の合格者名簿を作成して番組プロデューサーに見せたところ、こう言われたという。「全員名前が読めますね」。

林先生は、キラキラネームを持つ本人については「責任はない」と強調する。そのうえで、テストの点数と名前が読めるか否かには「ある程度の相関性はあるなあと(思う)」。

林修「キラキラネームと成績に相関性」米学者は親の教育・経済水準も指摘

J cast ヘルスケア 2017年9月30日閲覧

 

いみじくも受験生を相手に商売している予備校講師であるにもかかわらず、よくこんなコメントを恐れることなくテレビの場でできたなぁ、というのが第一の感想です。

まあ、林先生は最近では、予備校講師・タレントを兼業しているようなので、意外とこんなコメントをしちゃっても大丈夫なのかもしれません。

 

僕らの世代には、いわゆる「キラキラネーム」の人は皆無です。クラスの女子に、「〇〇子」「〇〇美」という名前は多いですし、男子でも「〇〇郎」「〇〇太」みたいなベタな名前が多く、名前を読めない人はいません。

ただ患者さんには名前を読めない人がちらほらいらっしゃいます。

キラキラネームのお子さんに関しては、医療界では下記の論文が有名です。

 

スポンサーリンク

キラキラネームの子どもは不要不急の救急外来受診が多い

『キラキラネームとER受診時間の関係』という論文が、小児科臨床(2015年11月号・日本小児医事出版社刊)に掲載されています。

 

 

日本赤十字社和歌山医療センターの初期臨床研修医の先生が、同病院のERを1週間のうちに受診した15歳以下の患児104名を対象に、年齢、受診時間、重症度(トリアージレベル)、来院方法(救急車か自己来院か)を調べたところ、キラキラネーム児の方が深夜帯の受診が多かったそうです。

 

詳細は、以下のブログで紹介されています。残念ながら僕自身は、この論文にアクセスできませんでした。。。

 

この論文も、

・将来小児科に進む(とは限らない)初期研修医だからこそ発表できた論文

・その証拠に共著者に小児科医は1人もいない

・初期研修と後期研修の病院は違う病院になることが少なくなく、初期研修の病院だと「後腐れ」なく発表できる

という様々な要因が重なって、研究・論文発表できたのだと思います。

というか、こんな若干問題になりかねない自主研究をOKした、この病院の『懐の深さ』or『適当さ』はすごいなぁ、と思います。

 

この論文のN=104ですので、クオリティとしては今ひとつなのかもしれませんが、それこそ、成育医療センターとか東京都立小児総合医療センターとかで同じ趣旨の研究を行えば、しっかりとしたデータが取れるかと思います。このデータが間違っている可能性もあるかとは思います。(ただ小児専門病院でこんな研究をできるかはすごく疑問)

いずれにせよ、キラキラネームの患児は、深夜受診でも軽症が多い可能性が高いというバイアスのかかった診療をしてしまうと足元をすくわれます。子どもは良くなるのもはやいですが、悪くなるときにはあっという間に悪くなります。気をつけたいところです。

 

ランキングに参加しています。他にも『研修医』『医師』をテーマにした面白いブログがたくさんあるので、よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

 

 

 

 

336*280

336*280

-研修医生活, 日常生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コード・ブルーが終わったら次はコウノドリ

つらつらとコード・ブルーの感想をアップしてきました。 コード・ブルーは北千葉総合病院で撮影が行われたらしく、同病院のスタッフブログで、撮影裏話や医療解説が更新されています。興味があれば御覧ください。 …

「研修医当直御法度」が身に染みるようになってきました

早いもので医者になってもう7ヶ月が経ってしまいました。   4月にはこんな情けない記事を書いていました。 研修医当直御法度は4月に読むにはちょっと難しい   スポンサーリンク &n …

おたふくかぜによる難聴がこの2年で300人以上いるらしい

  今朝のNHKニュースでこんなことが話題になってました。 『おたふくかぜで難聴 2年間で314人に上る』 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170905/ …

病院が初期臨床研修医を雇用する理由

Hans / Pixabay   病院で初期臨床研修医として働き始めてはや1ヶ月。4月分の給料をいただいたのですが、多くの病院では給料は税引き前で30万円/月ほど。 1ヶ月働いて実感したので …

男性医師と不倫

以前、こんな記事で研修医の恋愛事情について取り上げました。 研修医の恋愛事情 研修医はモテるのか?   結論は「研修医はモテる人とモテない人に二分する」でした。 研修医に限らず、医師は「遊び …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている初期臨床研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。