のび太の後期研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活 医学関連

コウノドリ -2nd season- 第1話 研修医目線の感想

投稿日:2017-10-13 更新日:

今話題の医療ドラマ『コウノドリ』。以前、コード・ブルーの感想を記した際に、たくさんの方に読んでいただけたので、このドラマについても出来る限り感想をアップしていきたいと思います。

 

今回は第1話です。バックナンバーはこちらからどうぞ。

1stシーズンはAmazonプライムビデオで配信中。無料体験することができます。

コウノドリ1st seasonはこちらから!

 

スポンサーリンク

離島で医者が必要とされる一番の理由は死亡診断書を書くことだ

サクラのかつての恩師である荻島Dr.が孤軍奮闘している光景から今回のエピソードは始まります。緊急帝王切開の後に、荻島Dr.が自嘲的に言ったセリフが、「離島で医者が必要とされる一番の理由は死亡診断書を書くことだ」です。

日本において人間は医師が死亡診断をしない限り死んだことにはなりません(難破・遭難した場合など例外はありますが)。医師が死亡診断をしないと、その死んだ人は法律上は生き続けていることになってしまい、大変なこととなってしまいます。火葬許可証も死亡診断書とともに死亡届を提出しない限り手に入りません。離島に医師がいないと、亡くなった方を荼毘に付すことすらできないのです。

余談ですが、例えば、東日本大震災のような大規模災害の場合、行政や学会が主導となって、死亡時刻・死亡時刻は統一されることが多いそうです。津波に飲み込まれた人がいつ死亡したかなんて、誰にも厳密なことは分からない、死亡時刻がばらばらだと相続の際の権利関係が非常にややこしくなってしまう可能性があります。

もっと余談を言うと、病院で亡くなった方を霊柩車で斎場で運ぶ際に、ご家族が自家用車で(霊柩車に乗らずに)斎場へ行く場合は注意が必要です。死亡診断書をご家族に渡してしまってはいけないのです。ご遺体を搬送中の霊柩車に警察が目をつけた場合、ご遺体と一緒に死亡診断書がないと、霊柩車の運転手は殺人の疑いがもたれることとなり、話がややこしくなる可能性があります。こういうわけで、死亡診断書とご遺体はセットで移送しなければなりません。まあ、そう習いはするのですが、実際にトラブルになった例は聞いたことありませんが。。。

 

スポンサーリンク

病気の重さと患者さんが抱える心の重さは必ずしも一致しない

医療者になると忘れがちなことの1つだと思います。

今回のエピソードでは心室中隔欠損が例に挙げられていました。我々医療者からすると「VSDってよくあるよねー」となるのですが、お母さんは気が気でありません。

もっとよくありそうな例を挙げるならば、新生児黄疸で光線療法を行っているお子さんのお母さんには、あたかも一生治らない不治の病に我が子がかかったかのように心配している方も時々います。そのようなお母さんに「心配しないで」と説明してもなかなか心配はとれません。

医療者と患者さんの病気に対する捉え方のギャップはつねに難しいなぁ、、、と思います。実臨床で時に忘れてしまうことの1つです。

 

スポンサーリンク

かつら一枚被ったらバレないっていう設定はガバガバじゃない?

と周りに言うと、「空気の読めへんヤツやなー」みたいなリアクションをされます。皆様におかれましては注意していただければと思います笑

 

次回は妊娠を契機に発覚した子宮頸がんの患者さんのエピソードです。

 

子宮頸がん・子宮頸がんワクチンに関しては以前述べました。

子宮頸がんワクチンにみる国民性

 

妊娠の際のルーチンチェックで子宮頸がんを確認するわけですが、その際に子宮頸がんにかかっていると発覚するのは決してまれなことではありません。次回のエピソードでどのように話が進むのか注目です。

 

ランキングに参加しています。他にも『研修医』『医師』をテーマにした面白いブログがたくさんあるので、よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

 

336*280

336*280

-研修医生活, 医学関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

抗菌薬の適正使用って難しい。。。

抗菌薬に関する話題は医療界で事欠きません。 最近気になったニュースを2つ紹介します。   スポンサーリンク   神戸大学附属病院で経口第3代セフェム系抗菌薬の採用中止 神戸大学病院 …

救急外来でどこまで検査したら訴えられないか?

Activedia / Pixabay   救急外来では、正しく診断・対処することを意識すると同時に、見落としがないか、そして万一訴えられることはないかと考えながら診療します。研修医が『訴訟 …

初期臨床研修を終えて

2017年4月から開始した初期臨床研修もこの3月で修了となりました。不定期更新だったこの日記もついに開設から2年が経ち、感慨深い限りです。 この2年間で感じたことを総括したいと思います。   …

救急当直をして思う

UzbekIL / Pixabay 救急当直はどの病院でも研修医の大事なお仕事の一つだと思います。ある意味、病院の中ではお荷物的存在である研修医が、病院へ貢献できる貴重な場面が「救急外来」であるとも言 …

患者も医者も不幸になる疾患

最近ドラマの感想を更新するブログになってしまっていたので、たまには医療関係の感想でも書いていきたいと思います。   世の中には星の数ほど病気があります。その中には、トラブルに発展しやすい病気 …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている臨床研修医。2019年〜小児科後期研修医、2017-2019年初期研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10