のび太の後期研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活 医学関連

コウノドリ -2nd season- 第8話 研修医目線の感想

投稿日:

今話題の医療ドラマ『コウノドリ』。ちまちまと出来る限り感想をアップしていきたいと思います。

今回は第8話です。バックナンバーはこちらからどうぞ。

1stシーズンはAmazonプライムビデオで配信中。無料体験することができます。

コウノドリ1st seasonはこちらから!

 

スポンサーリンク

 

キャリアのために病院を転々とする医師たち

このドラマでは医師が1つの病院で勤め上げるのが当然で、人手が不足しているのに大学病院や他の研修病院に移動するなんて、、、というニュアンスで語られている気がしますが、最先端の医療に携わりたい・自分のスキルをアップさせたいという想いとともに大学院に行ったり、サブスペシャリティ領域を学ぶために研修病院を転々とするのはよくある話。

四宮Dr.が大学病院で早剥の研究に専念する、白川Dr.が小児循環器の研修のために病院を変わる、というのはごくごく当たり前の話です。

若い世代が同じ病院に5年も勤めたら、だいぶ長い間勤めていたんやね、という話になるのが医者の世界かと思います。

 

誤診ってあるよなぁ。。。

遷延性肺高血圧症と考えNO投与を継続していたけど、実は総肺静脈還流異常症でした、というお話が今回のエピソードでした。白川Dr.が自責の念にかられている、というところまで含め、誤診が家族とのトラブルを招き、医師が自責の念を抱くのは珍しくありません。そして、こんなときに看護師さんは家族の味方をするので、恐ろしく冷たいです。。。

以前東大で神経内科をご専門にされていた、冲中重雄名誉教授は、1963年、東大を退官する際の最終講義で「私の誤診率は14.2%である」と述べたことは有名な話です。

当時と比較すると医学の技術も進歩しているし、科によって違うのでしょうが、誤診率が約1割というのは、僕自身の実感としては「そんなもんかなぁ」という気がします。厳密には、正しい診断とは違う診断が約1割くらいあって、経過とともに症状が顕在化・分かりやすくなって正しい診断に近づいていくイメージです。

ちなみに僕の最初の誤診は、心不全を気管支喘息と誤ったのが初めてです。あまりに典型的な誤診なので、すぐに上級医に訂正されましたが。。。うっ血性心不全でwheezeが聞こえる(いわゆる「心臓喘息」)はあまりにも有名な話で、今となってはお恥ずかしい限りです。。。

 

スポンサーリンク

 

「医師は医者である前に人間だ」

ドラマでもこう述べられています。

初志貫徹、研修医の頃の志望科を貫き最初に思った道を進み続ける人もいれば、出産育児で一度キャリアがストップしてしまう人、バーン・アウトして医者を辞めちゃう人、研究の道に進む人、、、、様々な「人間」がいます。

研修医が初期研修を初めて修了できる人は99%程度。毎年1%程度は病気、出産育児、親の介護など様々な事情で研修を中断しています。研修医にも様々な「人間」がいるのです。

 

次回予告を見る限り、四宮Dr.が父親の代わりに地元の産科医として働く?、感じがします。一体どのように物語は展開するのでしょうか?楽しみです。

 

ランキングに参加しています。他にも『研修医』『医師』をテーマにした面白いブログがたくさんあるので、よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

 

336*280

336*280

-研修医生活, 医学関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いつの間にか『内科レジデントの鉄則』の新版が上梓されていました

はやいもので5月も末となりました。 後輩たちもだんだん仕事に慣れてきて、日に日に僕の当直業務が楽になってきています笑     スポンサーリンク   そんな後輩たちも医学書 …

揺れ動く専攻医募集スケジュールと進む「青田買い」

新専門医制度開始2年目。僕も含め、来年度より後期研修を開始する卒後2年目研修医は卒後3年目以降の勤務先を探している最中です。   スポンサーリンク   Contents1 専門医機 …

ついに研修医

2017年4月1日。ついにのび太は研修医となってしまいました。 思えば大学に入学したのは6年前。ここまで長かった。。。 のらりくらりと学部の試験をパスして、いっぱいいっぱい遊んで、国試前半年くらいは本 …

医学書を安く買う方法(医師・研修医・医学生向け)

Myriams-Fotos / Pixabay 研修医は勉強のためにたくさんの医学書を買います。 医学書は単価が高いものが多いので、少しでも安く買いたいところ。どこで本を買うことが多いのでしょうか? …

『内科診断リファレンス』はEBMを目指す医師必携の1冊

いつのまにやら国試まで1週間。久しぶりに医学書レビューを書こうと思います。 今回ご紹介するのは、 『ジェネラリストのための内科診断リファレンス: エビデンスに基づく究極の診断学をめざして』 という本で …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている臨床研修医。2019年〜小児科後期研修医、2017-2019年初期研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。