のび太の研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


医学関連

上腸間膜動脈症候群とナットクラッカー現象

投稿日:2017-07-11 更新日:

congerdesign / Pixabay

「上腸間膜動脈症候群(SMA症候群)とナットクラッカー現象」が時々こんがらがってしまうので、備忘録がてらまとめておきます。

 

上腸間膜動脈症候群(SMA症候群)は要するに十二指腸閉塞の一種

上腸間膜動脈が腹部大動脈から分岐する角度が鋭角のため、

上腸間膜動脈腹部大動脈・椎体との間に十二指腸水平部・下行部が挟まり、腸閉塞に至る」

というのが病態です。要するに十二指腸閉塞で、イレウスの一種と考えても良いのではないでしょうか。

腸閉塞が起こると、閉塞部位より上流が拡張するため、胃が膨隆し腹部膨満感を訴えます。

また、胃や十二指腸の内圧が上昇するため、悪心・胆汁性嘔吐が生じます。先天性十二指腸閉塞と同様の病態のため、X線ではdouble bubble signを認めます。

 

ナットクラッカー現象は

こちらも、上腸間膜動脈が腹部大動脈から分岐する角度が鋭角のため、

上腸間膜動脈腹部大動脈・椎体との間に腎静脈が挟まり、静脈圧が高まることで血尿が生じる

というのが病態です。無症候性血尿の原因の1つとして挙げられます。

基本的に良性の疾患で経過観察とすることが多いです。静脈圧の上昇が著しい場合は、ステント留置術も検討されるようです。

 

「はさまれるもの」だけが両者の違い

なんとなく混同していましたが、よくよく整理してみるといずれの疾患も、

上腸間膜動脈と腹部大動脈・椎体

がこれらより柔らかい組織を挟んでしまうことでおきてしまう閉塞に起因する病気です。

上腸間膜動脈症候群で挟まれるのは十二指腸下行部・水平部

ナットクラッカー現象で挟まれるのは腎静脈

これだけおさえておけば、だいぶスッキリと整理できるのではないでしょうか。

 

臨床で頻繁で見る疾患ではありませんが、ときどき耳にするこれらの疾患を整理してみました。実際にブログに書き出してみると、知識が整理されていい感じです(*^^*)

 

 

 

ランキングに参加しています。他にも『研修医』『医師』をテーマにした面白いブログがたくさんあるので、よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング



336*280

336*280

-医学関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

消化器内科で使う略語

どの科を回っていてもそうですが、その科独特の略語があります。 消化器内科を回っていて、知っておいたほうがよい略語を僕の備忘録も兼ねて、挙げておきます。   Contents1 EGDS (E …

麻疹の皮疹画像が公開されています

全国的に麻疹の流行が報道されています。 麻疹(はしか)はその名の通り麻疹ウイルスによって引き起こされる感染症です。空気感染するため、感染拡大しやすく、公衆衛生的にも重要な疾患です。   国立 …

インフルエンザのジェネリックが発売

日経メディカルを読んでいるとこんな記事がありました。 『10歳代へのタミフル投与がようやく再開へ』(2018年6月23日閲覧) http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/m …

シーネ固定の自主トレをしたいなら。シーネとギブスの違いは?

上の写真は包帯で巻いているだけですが、救急でよく行う手技に「シーネ固定」があります。 救急でギブス固定を行うことは救急外来の医師の技術では難しいですし、そもそもグラスファイバーや石膏がないので物理的に …

静脈ルート確保のコツ

OpenClipart-Vectors / Pixabay   働き始めて最初に覚える手技の一つが「静脈ルート確保」。気管支鏡や内視鏡の検査前、造影CTや化学療法のルートをとるように依頼され …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている初期臨床研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。