のび太の後期研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活

初期臨床研修を終えて

投稿日:

2017年4月から開始した初期臨床研修もこの3月で修了となりました。不定期更新だったこの日記もついに開設から2年が経ち、感慨深い限りです。

この2年間で感じたことを総括したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

休日夜間の医療は想像以上に脆弱。

日本の医療は世界最高レベルだ」とよく言われます。確かにがん治療などの領域において、本邦の医療が最高水準であることは疑いのないことでしょう。

ただ、日本の医療水準が高いのはあくまで平日昼間の話。

休日夜間の医療は主として医学部卒業後1-2年後の初期研修医がになっているのが現状です。市中病院では病棟の当直は初期研修医と後期研修医で回していることが多いでしょう。僕の出身大学では、大学病院ですら当直は初期研修医・後期研修医です。上級医は研修医が呼び出して初めて来院します。

救急外来も初期研修医がメインの戦力。上級医がいるとはいえ、その上級医も後期研修医〜卒業後10年以内の医師が大半です。いわゆる「ベテラン」の医師が救急外来を担当していることはめったにないのです。

また救急外来では専門外の対応を迫られることもしばしば。多くの病院では内科系当直・外科系当直に分担していますが、例えば外科系当直が眼科医師の日には眼科の医師が骨折のシーネ固定を行うことになります。夜間休日の日本の医療は意外と脆いです

場合によっては外科系の先生が肺炎を診ている、、、なんてことも田舎では珍しいことではありません。

 

スポンサーリンク

 

患者さんは十人十色。価値観は様々。

すべての人間が病気にかかります。いわゆる暴力団関係者が担当患者となったことはこの2年間に複数回ありましたし、モンスターペイシャントと世で呼ばれる自己主張が過大な担当患者もいました。

小学校→中学校→高校→予備校→大学、、、と年齢を経るごとに行動範囲は広がり、接する人の幅も広がります。

最近以下のはてなブログの記事が話題を呼びました。

「田舎者と貧乏人を初めて見た話」

https://anond.hatelabo.jp/20190328015628

 

この筆者は都内で生まれ育ち、地方国公立医学部医学科に合格し、地方都市生活を始めた方です。

twitter上では、この筆者を叩く人がたくさんいます(下記リンク)。

http://twitter.com/search?q=%E7%94%B0%E8%88%8E%E8%80%85%E3%81%A8%E8%B2%A7%E4%B9%8F%E4%BA%BA%E3%82%92%E5%88%9D%E3%82%81%E3%81%A6%E8%A6%8B%E3%81%9F%E8%A9%B1%20&src=typd

高校生なんてたかだか駅で数駅程度の行動範囲で、付き合う人も同じ高校に通う同級生くらいなんだから、大学に入って一気に行動範囲・交友範囲が広がれば、それはそれはカルチャーショックは受けるのではなかろうか、と僕は思います。殴り合いの喧嘩をして骨折した人、昼間からアルコール中毒になり救急搬送されてくる人etc. こんな人達を僕は研修医になって初めて見ました。程度の差はあれ、僕はこの学生さんと同様に、たくさんのカルチャーショックを受けてました。

そして、このようなたくさんのカルチャーショックが、人間としての幅を広げるのだと思います。このブログで書かれているような想いを抱いたことは、この学生さんにとって良い経験となることと思います。

 

スポンサーリンク

 

新専門医制度の功罪。

僕らの1個上の学年から新専門医制度が適用される後期研修が開始されています。

賛否両論ありますが、はっきりいって否定的な意見ばかりです。

僕が勤務するのは地方都市の中規模病院。専門医機構は「大都市への専攻医集中はない」と言いますが、どう考えても地方都市のメジャー科専攻医は減っているというのが肌で感じるところです。少なくとも僕の周りではいわゆる「メジャー科離れ」がはっきりと進みました。「マイナー科志向」は僕の1個下の学年でより顕著になっている印象です。

下記のはてなブログ記事はこの界隈ではあまりにも有名でしょう。

「私が医療崩壊のトリガーになる未来」

https://anond.hatelabo.jp/20180630150652

 

日本の医療はどこに進んでいくのでしょうか。そんな中、明日より僕は小児科医として歩みを進めていきます。将来仕事があるか正直不安ですが、研鑽を積み、世に求められる医師になるように精進しようと思います。

 

ランキングに参加しています。他にも『研修医』『医師』をテーマにした面白いブログがたくさんあるので、よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

 

336*280

336*280

-研修医生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Next Handsは手技や術式を動画で確認できて便利!

RitaE / Pixabay   研修医・医学生へのおすすめサイトのご紹介です。 『Next Hands 次世代を担う医療関係者への架け橋として』 https://www.nexthand …

「患者さん少ないといいね」と当直で上級医に言われたら日に限って・・・

By: ER24 EMS (Pty) Ltd.   当直する時に上級医の先生に「今日は患者さん少ないといいねー」「今日は平和やといいねー」と言われることがあります。 「そうですねー。今日も平 …

望まない患者さんに心臓マッサージが行われている現実

研修医として救急外来で働いていると心肺停止の患者さんが救急搬送されてくることも珍しくありません。そんな中、違和感のあることが度々あります。   スポンサーリンク   Content …

研修医と吉本芸人の共通点

ご無沙汰しています。後期研修医のび太(@resident_nobita)です。 4月から某地方病院にて小児科修練医として働いております。初期研修とは比べ物にならないハードな日々で、ブログ更新が遅れてお …

労働基準監督署は医師の味方?それとも敵?

以前、聖路加病院に労働基準監督署が入った時に、こんな記事を書きました。 聖路加国際病院に労基署が入ったニュースを見て思う 働き始めて半年経ち、この時とはちょっと違った考え方になってるので、あのときはこ …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている臨床研修医。2019年〜小児科後期研修医、2017-2019年初期研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。