のび太の後期研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活

土日に病院に行くか?絶対に休める週末は??

投稿日:2017-06-03 更新日:

Gellinger / Pixabay

土曜日・日曜日、病院は休みになります。が、なんだかんだで医師は、病院に行って、回診・カルテチェックしています。(もちろん当直のときは病院にいますが。。。)

 

土日に病院に行くか?

と尋ねられば、答えは、

YES!

です。

 

上級医・研修医にかかわらず、なんだかんだで病棟に1回は顔を出すのが、どの病院でも慣習になっているのではないでしょうか。病院にいる時間は1〜2時間くらいなので、全然しんどくないのですが。

 

特に、患者さん・そのご家族からインフォームドコンセント(IC)を得る際、ご家族は仕事のため平日に来られない方が多いです。そのため、医師は土日にご家族に都合を合わせるため、土日に出勤し、病状説明をします。実際問題、外科や消化器内科・循環器内科の医者は、平日の日中は手術や内視鏡、カテーテル検査で忙しいので、そもそもインフォームドコンセントのために時間をとれないことが多いので、ICが休日になるのも仕方ないのかな、と思います。

スポンサーリンク

 

ただ、

土日に休めないのは辛いなぁ

というのが正直なところ。

平日にちゃんと腰をすえて勉強できなかったことを土日で取り返したい、と思っても、なかなかそうはいかないのが現状です。もちろん時間外賃金がつくこともありませんし。。。

 

 

ただ、研修医が絶対に休める例外が1つだけあります

それが、

ローテーションとローテンションの変わり目

です。この週末だけは、受け持ち患者さんがいなくなりますので。

次から6月で次の科になるので、今週末は病院に行かなくて大丈夫です!

 

研修医はこの週末を心待ちにしています。やっぱり、フルで休める週末は幸せやなぁ、と思います。

 

 

ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

336*280

336*280

-研修医生活

執筆者:


  1. […] 『土日に病院に行くか?絶対に休める週末は??』 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

研修医の恋愛事情 研修医はモテるのか?

klimkin / Pixabay 研修医とはいえ医師は医師。 高校の同期や地元の友達と飲みに行くと、「やっぱモテるんじゃないのー?」と時々聞かれます。   この問題に対する答えはとても難し …

コード・ブルー 3rd season 第1話 -研修医目線の感想-

Hans / Pixabay 今話題の月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の感想を書いていきたいと思います。 今回は第1話。バックナンバーはこちらよりご覧ください。   ス …

抗菌薬の適正使用って難しい。。。

抗菌薬に関する話題は医療界で事欠きません。 最近気になったニュースを2つ紹介します。   スポンサーリンク   神戸大学附属病院で経口第3代セフェム系抗菌薬の採用中止 神戸大学病院 …

ストラップ付シャチハタはめっちゃ便利!

研修医や医師の方々は、病院内では「スクラブ+白衣」という出で立ちの方が多いと思います。 そして、筆記用具・シャチハタ・PHSは「スクラブ」あるいは「白衣」の中に入れているという方も多いことでしょう。そ …

コード・ブルー 3rd season 第2話 -研修医目線の感想-

Free-Photos / Pixabay 今話題の月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の感想を書いていきたいと思います。 今回は第2話。バックナンバーはこちらよりご覧ください。 & …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている臨床研修医。2019年〜小児科後期研修医、2017-2019年初期研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。