のび太の後期研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活 医学関連 医学書レビュー

抗菌薬の適正使用って難しい。。。

投稿日:2018-02-27 更新日:

抗菌薬に関する話題は医療界で事欠きません。

最近気になったニュースを2つ紹介します。

 

スポンサーリンク

 

神戸大学附属病院で経口第3代セフェム系抗菌薬の採用中止

岩田健太郎先生は、神戸大学大学院医学研究科教授(微生物感染症学講座感染治療学分野)、同大学医学部附属病院感染症内科診療科長をされている先生です。

様々な著作で有名ですが、研修医の間ではこの本が有名なのではないでしょうか。

正直読みこなすのはけっこうしんどい本ですが、本棚に入っている研修医も多いハズ。

 

最近の医学教育を受けてきた世代からすると「フロモックスやメイアクトなどの経口第3世代抗菌薬はbioavailabilityが低いから処方したらダメ!」と学部生の頃から口酸っぱく言われているので、なかなか処方しようとは思えないのですが、上級医の中には処方されている先生もたくさんおられます。(かといって上級医に逆らうことはもちろんしませんが。。。)

 

スポンサーリンク

 

風邪に抗菌薬を使用しない病院に診療報酬アップ

また、Yahooニュースにこんな記事が載っていました。
『風邪に抗生物質、使わない病院に報酬 耐性菌の抑止策』
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00000072-asahi-soci

 

「風邪はウイルス感染症だから抗菌薬はムダ」というのも、学部生時代から口酸っぱく言われてきたことです。当たり前のことを当たり前にできれば報酬が上がるのですが、こんな報酬が設定されるということは、それだけ本邦でムダな抗菌薬処方が多いのでしょう。

 

「ウイルス感染症だろうけど、細菌感染合併も否定出来ないので抗菌薬を処方する」というのが多くの処方医のロジックです。ただ。「〇〇を否定することができないので、〇〇の治療を行う」という頭の使い方は、僕はあまり好きになれません。こんなこと言い出したら、100%疾患を否定出来ない限り治療介入を行わないといけないことになってしまい、キリがないですから。。。

 

そんなこんなで、気になるニュースを紹介してみました(*^^*)

 

ランキングに参加しています。他にも『研修医』『医師』をテーマにした面白いブログがたくさんあるので、よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

 

 

 

336*280

336*280

-研修医生活, 医学関連, 医学書レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「診療ガイドライン検索システム」がすごく便利!

医学生の時、「医学語呂なう(@med56_bot)」というbotをフォローし、国試の勉強をしていました。   以下のようなゴロ合わせを含むツイートが流れてきます。もちろんゴロ合わせですので、 …

静脈ルート確保のコツ

OpenClipart-Vectors / Pixabay   働き始めて最初に覚える手技の一つが「静脈ルート確保」。気管支鏡や内視鏡の検査前、造影CTや化学療法のルートをとるように依頼され …

心電図の勉強法

研修医として働いていて「心電図」を読む機会はたくさんあると思います。 循環器内科をローテートしている期間はもちろんのこと、救急外来の場でも心電図を読まなければならない機会はたくさんあります。 &nbs …

厚生労働省作成の「かぜ診療ガイドライン」

以前抗菌薬の適正使用の難しさについて記事を書きました。 抗菌薬の適正使用って難しい。。。 経口第3代セフェム系の抗菌薬の処方は減ってきたなぁ、と思う一方で、「風邪に抗菌薬」はなかなかなくならない印象。 …

死亡診断書を書く、お看取りについて考える

vargazs / Pixabay 研修医生活も1ヶ月あまりが過ぎ、もうそろそろ研修医の方々もお看取りを経験された方が多いのではないでしょうか。数人看取り、思い感じたことを記したいと思います。 医師に …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている臨床研修医。2019年〜小児科後期研修医、2017-2019年初期研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10