のび太の研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活

新たなローテーション

投稿日:2017-05-09 更新日:

GWも終わり、ローテーション先の科が変わりました。

研修医は1〜2ヶ月毎にローテートさせていただく科がかわり、なかなか大変です。

まずは上級医の先生、病棟スタッフの名前を覚えることから。一般の企業で最初の2年間、1〜2ヶ月毎に部局が変わるなんてことはなかなかないやろから、新入社員のお仕事としてはなかなか特殊なのではないでしょうか。まぁ、もともと研修医なんて仕事が特殊やから、些細な事なのでしょうが。。。

 

ローテート期間が短いことには長所も短所もあります。

(長所)

・たくさんの科を回れるので多様な経験を積むことができる。

・ウマが合わないスタッフ(上級医・コメディカル)がいても、そのローテートの期間の間だけ乗り越えれば楽になれる。

・関心のない科のローテートが短くて済む。実際問題、外科系の人間は内科にはあまり興味ないだろうし、その逆も然りなんやろなぁ、というのが正直なところですよね。

(短所)

・回ってる科のルーチンワークについて「なんとなく分かってきたかなぁ」となったら、すぐ次の科にローテートしてしまうことになり、深くは学べない。

・科が変わるごとにスタッフ(上級医・コメディカル)の名前を覚えないといけないためストレス。スタッフの雰囲気・ノリを掴む、というなかなかに面倒な作業を何回もしなければならない。

・さまざまな科を回ったところで、耳学問になるばかりで実際に使える知識・技術はなかなか身につかない。(例:糖尿病内科をローテしてもインスリンの使い方をマスターできるわけではない)

 

ちょうど短所は長所の裏返しですよね笑

結局人間、

自分のしたいことはやりたい、自分のしたくないことはやりたくない

というだけな気がします笑

 

いろいろと物議を醸す現在の初期臨床制度ですが、僕は毎月新鮮な気持ちで再スタートを切れるので嫌いではないです笑

3年目以降どの科を専門にするか考えつつ、今後もローテートしていきたいと思います。

 

内科専門医制度が刷新される中、制度変更のごたごたに巻き込まれたくない、と内科を嫌厭するムードが広がっています。しかし、ムードなどというのはあくまで一時的なこと。これから40年くらい専門にすることを考えると、最初の3〜5年のことは微々たることのように思います。周りに流されず、自分の一生の仕事を見極めていきたいです。

ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング



336*280

336*280

-研修医生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

研修医になって1ヶ月

voltamax / Pixabay 研修医になってはや1ヶ月。最初は何もできなかったけど、なんとか採血やルート、動脈穿刺はできるようになって、上の先生から言われたオーダーはちゃんと出せるようになりま …

救急外来でどこまで検査したら訴えられないか?

Activedia / Pixabay   救急外来では、正しく診断・対処することを意識すると同時に、見落としがないか、そして万一訴えられることはないかと考えながら診療します。研修医が『訴訟 …

キラキラネームに関する世相

最近テレビやFacebookを眺めていると、キラキラネームに関する話題がよく目につきます。   現代文講師・林先生がキラキラネームと学力の関係を指摘 有名現代文講師の林先生がキラキラネームに …

Every patient is your best teacherと言われて

vjohns1580 / Pixabay ある日指導医からこんな言葉を言われました。 Every patient is your best teacher. Every student is your …

熱中症診療ガイドライン2015のまとめ

ktphotography / Pixabay   気がつけば8月。暑い日々が続き、救急外来をしていると、海でクラゲに刺されただとかハチに刺されたといった季節を感じさせる主訴の患者さんがたく …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている初期臨床研修医。医者1年目に見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10