のび太の研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活 医学関連

望まない患者さんに心臓マッサージが行われている現実

投稿日:

研修医として救急外来で働いていると心肺停止の患者さんが救急搬送されてくることも珍しくありません。そんな中、違和感のあることが度々あります。

 

スポンサーリンク

 

「心臓マッサージしないで!」と意思表示している患者さんに心マしながら搬送する救急隊

救急医療の現場では、

急変時DNRの患者さんが救急隊に胸骨圧迫されながら搬送されてくる

という場面に出くわすことは珍しくないでしょう。

 

DNRあるいはDNARDo Not Attempt to Resucitateの略です。

日本語にすると「蘇生処置を試みるな」の意味。

 

例えば、がんの終末期の方や非代償性心不全の末期の方に関して、胸骨圧迫や挿管治療など、大きな侵襲を伴う医療を行わない、という意思表示のことです。

 

「DNARの患者さんに胸骨圧迫が行われる」という現状は研修医になって初めて知りました。

 

日本においては医師・歯科医師が死亡診断しない限り、人は死にません。

たとえ、誰がどう見ても心肺停止している患者さんであっても、死に瀕して回復の見込みのない患者さんであっても、救急隊の使命は人命救助である以上、蘇生処置をすることなく病院に搬送するのは難しいのです。

 

この問題は、現在社会で認知され始めていて、日本臨床救急医学学会が提言を発表しています。

「人生の最終段階にある傷病者の意思に沿った救急現場での心肺蘇生等のあり方に関する提言」の公表(2018年7月15日閲覧)
http://jsem.me/news/1670

 

スポンサーリンク

 

提言においては、基本は心肺蘇生を開始することになっている

先に示した提言では、救急隊がとるべき基本的な対応基準が示されています。

<基本的な対応手順>
①救急現場に到着した救急隊は、心肺蘇生等を希望しない旨が医師の指示書等の書面で提示されたとしても、まずは心肺蘇生等を開始する
②心肺蘇生等を継続しつつ、救急隊はかかりつけ医に直接連絡して心肺停止の状況等につ
いて報告し、医師の指示書等の記載内容と心肺蘇生等の中止の是非について確認する
かかりつけ医に連絡がとれない場合には、オンラインメディカルコントロールを担う医師を代役として指示を求める。この間においても心肺蘇生等の継続を優先する
③救急隊は、心肺蘇生等の中止の具体的指示をかかりつけ医等から直接確認できれば、その指示に基づいて心肺蘇生等を中止する。
④これら一連の手順は、本提言で例示した標準的活動プロトコールに基づいて都道府県メディカルコントロール協議会等が地域の実情にあわせて修正した地域の活動プロトコールに則して行う。
『人生の最終段階にある傷病者の意思に沿った救急現場での心肺蘇生等のあり方に関する提言』より

 

結局は、患者さん本人がどれだけ心肺蘇生処置を望んでいなくても、救急隊が現場に到着したら心肺蘇生を開始されてしまうことになってしまいます。

がんの末期の患者さんを在宅で看病していた家族が、いざ最期の時となった際に、びっくりして119番通報してしまい、現着した救急隊が胸骨圧迫を開始、病院に搬送されて、当直してる僕の指示で蘇生努力を中止し、死亡診断する、、、そんな場面が何度かありました。

胸骨圧迫をせずに病院に患者さんを搬送するのは、法律の壁的に難しいかなぁ、と思います。なかなか難しい問題です。

 

スポンサーリンク

 

そもそもDNRだからといって蘇生しないとは限らない

じゃあ、救急隊員に死亡診断をする権限を付与すれば?という話も稀に聞きますが、蘇生中止に高度な判断を求められる場合があります。

例えば推定心停止時刻から1時間経っていたら、どう考えても戻らないので蘇生努力中止の判断は容易です。

ただ、例えば「もちを喉につまらせて、家族が119番して数分で救急隊が到着しもちが除去された場合」には脳が虚血に陥った時間がきわめて短時間だと考えられるため、蘇生努力する価値があるかもしれません。その細かい包括的な判断まで救急隊に求めるのは酷だと思います。

そもそも救急隊はAED以外の除細動器を使うことすら許されていないわけで、まだまだ権限は小さいです。(心電図を読んで心室細動・脈なし心室頻拍と診断することが許されていない)

日本の医療・法律は「医師の判断」に莫大な裁量権を与えています。

救急隊が単独で「蘇生処置をしない」という判断をするのはまだまだ先のことと思われます。

 

スポンサーリンク

 

慌てず騒がず往診医を呼ぶことが大切

ターミナルの患者さんを看護しているご家族は、患者さん本人が最期のときを迎えたら、慌てず騒がず普段お世話になっている往診医の先生を呼ぶことが大切です。(亡くなってから往診医を呼んでもよいでしょう。)

普段から、最期のときの対応する方法について、往診医と一緒に話し合っておくことが大切かと思います。なかなか難しいでしょうが。

 

ランキングに参加しています。他にも『研修医』『医師』をテーマにした面白いブログがたくさんあるので、よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

 

 

 

 

336*280

336*280

-研修医生活, 医学関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

病院が初期臨床研修医を雇用する理由

Hans / Pixabay   病院で初期臨床研修医として働き始めてはや1ヶ月。4月分の給料をいただいたのですが、多くの病院では給料は税引き前で30万円/月ほど。 1ヶ月働いて実感したので …

死亡診断書を書く、お看取りについて考える

vargazs / Pixabay 研修医生活も1ヶ月あまりが過ぎ、もうそろそろ研修医の方々もお看取りを経験された方が多いのではないでしょうか。数人看取り、思い感じたことを記したいと思います。 医師に …

竜馬先生の血液ガス白熱講義に新刊が!練習問題でイメトレできるようです!

  以前、血ガスの入門書として『竜馬先生の血液ガス白熱講義』をご紹介しました。 血ガスの入門書!竜馬先生の血液ガス白熱講義   友人から聞いたのですが、新たに新刊が発売されるそうで …

コード・ブルー 3rd season 第2話 -研修医目線の感想-

Free-Photos / Pixabay 今話題の月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の感想を書いていきたいと思います。 今回は第2話。バックナンバーはこちらよりご覧ください。 & …

コウノドリ -2nd season- 第9話 研修医目線の感想

今話題の医療ドラマ『コウノドリ』。ちまちまと出来る限り感想をアップしていきたいと思います。 今回は第9話です。バックナンバーはこちらからどうぞ。 1stシーズンはAmazonプライムビデオで配信中。無 …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている初期臨床研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。