のび太の後期研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活 医学関連

消化器内科で使う略語

投稿日:2017-04-16 更新日:

どの科を回っていてもそうですが、その科独特の略語があります。

消化器内科を回っていて、知っておいたほうがよい略語を僕の備忘録も兼ねて、挙げておきます。

 

EGDS (EsophagoGastroDuodenoScopy) / EGD

EGDS (EsophagoGastroDuodenoScopy)「食道胃十二指腸内視鏡」です。いわゆる「上部消化管内視鏡」のことです。EGDと略す先生も。

ベテランの先生は、GIF (GastroIntestinalFiberscopy)と略されることも。

下血のとき緊急でEGDSで出血源を探しに行きます。

 

CS (ColonoScopy) / CF

CS (ColonoScopy)「大腸内視鏡」。いわゆる「下部消化管内視鏡」のことです。

EGDSとは異なり、基本的には下剤を飲んで腸管内をキレイにしてから検査するので、緊急では行われにくい検査です。CF (ColonoFiberscopy)と略されることも。

 

ERCP (Endoscopic Retrograde CholangioPancreatography)

ERCP (Endoscopic Retrograde CholangioPancreatography)「内視鏡的逆行性胆管膵管造影」です。

胆汁は「肝臓」→「総肝管」→(「胆嚢管」→「胆嚢」→「胆嚢管」→)「総胆管」→「十二指腸乳頭」の順に胆道を流れます。ERCPでは口からカメラを飲んでもらって、十二指腸乳頭から総胆管へ造影剤を流し、胆道に結石など病変がないか評価します。胆汁の流れとは逆に造影剤が流れるので「逆行性」と呼びます。

MRCPとは異なり、内視鏡(太い管)を口から入れているので、ステントを留置する、結石を取る、などの処置を同時に行えます。

 

MRCP (Magnetic Resonance CholangioPancreatography)

MRCP (Magnetic Resonance CholangioPancreatography)「核磁気共鳴胆管膵管撮影」です。

日本語にしても難しい名前ですが、MRCPのMRはMRIのMRです。要するに、肝胆道系に特化したMRIだと思えば良いと思います。

こちらはERCPとは異なり、内視鏡を口から入れないので非侵襲的ですが、ステントを留置する、結石をとる、などの処置は行なえません。

 

EST (Endospcopic SpincTerotomy)

EST (Endospcopic SpincTerotomy)「内視鏡的乳頭括約筋切開術」です。

例えば総胆管結石によって胆汁がうっ滞している時には、速やかに胆汁うっ滞を解除しないと、胆汁内の細菌が血流に乗ってしまい、敗血症性ショック(急性化膿性胆管炎)に陥ってしまいます。そのためうっ滞解除を行うわけですが、ステント留置と同時に十二指腸乳頭括約筋(Oddi括約筋)を切開します。この切開をESTと呼びます。切開の大きさに応じて、EST小切開/EST中切開/EST大切開と呼びます。十二指腸乳頭近傍に存在し、総胆管・主膵管を取り囲むように存在するOddi括約筋をESTにて切開することで、総胆管の疎通性を確保でき、胆汁うっ滞を解除できます。主膵管の疎通性も確保できるため、胆石性膵炎にも有効です。

 

EMS (Endoscopic Metallic Stent)

EMS (Endoscopic Metallic Stent)「内視鏡的金属ステント」です。

例えば総胆管結石によって胆汁がうっ滞している時には、速やかに胆汁うっ滞を解除しないと、胆汁内の細菌が血流に乗ってしまい、敗血症性ショック(急性化膿性胆管炎)に陥ってしまいます。そのためうっ滞解除を行うわけですが、ドレナージ目的にステントを留置します。このステントをEMSと呼びます。

ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング



336*280

336*280

-研修医生活, 医学関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

医師と婚活パーティー・お見合いパーティ

世間は「婚活」ブーム。その実相は、「青い鳥を探す旅」と揶揄されますが、それは研修医・医師でも変わらないことです。 男性医師と女性医師でその現実は大きく異なりますが、それはそれとして、研修医・医師が出会 …

救急外来でどこまで検査したら訴えられないか?

Activedia / Pixabay   救急外来では、正しく診断・対処することを意識すると同時に、見落としがないか、そして万一訴えられることはないかと考えながら診療します。研修医が『訴訟 …

病院の経営戦略 ブランド化は進むのか?

0102oxy / Pixabay プレジデントにこんな記事が掲載されていました。 スタバ「マイボトル」の人は浪費家だった http://president.jp/articles/-/22872 & …

コード・ブルー 3rd season 第3話 -研修医目線の感想-

GoranH / Pixabay 今話題の月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の感想を書いていきたいと思います。 今回は第3話。バックナンバーはこちらよりご覧ください。   …

患者も医者も不幸になる疾患

最近ドラマの感想を更新するブログになってしまっていたので、たまには医療関係の感想でも書いていきたいと思います。   世の中には星の数ほど病気があります。その中には、トラブルに発展しやすい病気 …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている臨床研修医。2019年〜小児科後期研修医、2017-2019年初期研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10