のび太の研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


医学関連

研修医がはじめてする「手術」

投稿日:2017-06-28 更新日:

sasint / Pixabay

手術というと↑の写真のような、清潔ガウンを着て数人でするものをまず思い浮かべるかと思います。実際、医療関係者の間でも、「手術」といえばこのようなたいそうなものをイメージします。

 

が、そうでもない「手術」もあります。そして、世の中のほとんどの研修医が1人で行ったことがある「手術」。

 

何でしょう・・・?

 

 

 

 

 

 

答えは、

肘内障の整復術

です!

 

この整復術は、保険診療点数上は、

 

K061 関節脱臼非観血的整復術 (800点)

であり、「手術」の項目内に含まれます。つまり、立派な手術です。

肘内障以外の関節整復を研修医単独ですることはなかなかないでしょうから、肘内障整復が事実上研修医がはじめて行う保険診療上の「手術」となると思います。一瞬で手技終了するのに結構高い ( ̄Д ̄)ノ

 

ちなみに、診療報酬の「手術」の項目の「通則」に

3歳未満の乳幼児又は3歳以上6歳未満の幼児に対して手術(区分番号K618に掲げる中 心静脈注射用植込型カテーテル設置を除く。)を行った場合は、当該手術の所定点数に所定点 数の100分の100又は100分の50に相当する点数を加算する。

とあり、さらに手術料は100分の100又は100分の50加算されます。肘内障の整復に1600点(16000円)はちょっとやりすぎじゃないかなぁ、と思わないこともないです。(診療報酬の計算が間違っていたら申し訳ありません)

これにさらに診察料が加算されます。

 

話を肘内障に戻します。

そもそも肘内障は、子供の手を引っ張ることで、肘のところで尺骨と橈骨をドッキングさせている輪状靭帯から橈骨頭が外れてしまう病気です。患側上肢全体を動かさなくなるので、親御さんは「腕が外れた」「肩が抜けた」とおっしゃって来院されます。

詳細はこちらをご参照ください。(日本整形外科学会HPより)

 

こんな感じで、Youtubeにも動画がたくさんあります

 

親御さんは「腕を動かさなくなった」と夜中でも慌ててこられるのですが、案外あっさり治ってしまうのですごく喜ばれます。そしてすぐに子どもはおもちゃで遊び始める。子どもは正直でええなぁ、とほっこりする救急外来での一場面です。

 

「肘内障の整復」はぜひとも身につけておきたい「手術」の1つです。

 

ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

336*280

336*280

-医学関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

研修医が受講できる講習会1:BLS, ACLS, PALS

研修医やコメディカルを対象とした医療関係の講習会がいくつかあります。メジャーなものに関して数回に分けて紹介してみたいと思います。一部は学生さんも受講可能です。 今回ご紹介するのは、BLS, ACLS, …

意外と便利なイヤーノート

webandi / Pixabay   医学生5・6年生なら誰でも持っているイヤーノート。この参考書が使えるのは学生時代だけかと思いきや、意外と研修医のときも使えますし、内科専門医試験まで使 …

死亡診断書を書く、お看取りについて考える

vargazs / Pixabay 研修医生活も1ヶ月あまりが過ぎ、もうそろそろ研修医の方々もお看取りを経験された方が多いのではないでしょうか。数人看取り、思い感じたことを記したいと思います。 医師に …

「研修医当直御法度」が身に染みるようになってきました

早いもので医者になってもう7ヶ月が経ってしまいました。   4月にはこんな情けない記事を書いていました。 研修医当直御法度は4月に読むにはちょっと難しい   スポンサーリンク &n …

研修医と病院経営

geralt / Pixabay プレジデントを読んでいると、こんな記事を見つけました。 『赤字22億円「東京女子医大」の危機的状況』 http://president.jp/articles/-/2 …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている初期臨床研修医。医者1年目に見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10