のび太の研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活

研修医の服装 スクラブか白衣かケーシーか?

投稿日:2017-07-09 更新日:

研修医の多くはどのような格好を病院内でしているのでしょうか?

よくあるスタイルを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

一番人気はやっぱりスクラブ

スクラブはこんな感じの、一見すると手術着のような服です。英語のscrub「ゴシゴシこする」が名前の由来で、文字通りゴシゴシ洗っても大丈夫なくらい丈夫な服という意味です。

シャツが4000円くらい、ズボンが4000円くらい、併せて割引がきくと7000円くらいというこtが多いと思います。

スクラブのメリットは、

  • 圧迫感がなく着ていてラク
  • ポケットがたくさんついていて意外と収納力もある
  • 洗ってもすぐ乾く
  • 色が濃いため下着が透けにくい

です。スクラブのデメリットは、

  • パジャマみたいで「ちゃんとした格好」ではないと患者さんが認識することがある
  • そのため、インフォームドコンセントの時に着ていると、上級医から不評なことも

僕は男性なのであまりピンとこないのですが、女性からすると「下着が透けにくい」というのが重要らしく、患者さんからのセクハラ防止にも一役買っているという意見も。確かに看護師さんの仕事服は、白いものが多く下着が透けてしまっているため、よからぬことを考える患者さんがいるのかもなぁ、と思います。

多くの研修医は、大学の卒業時に学年でスクラブを作っています。校章が腕のところに入ったスクラブを見かけたら、その研修医の卒業大学が分かります笑

 

医療関係者といえばやっぱり白衣

スクラブの上に羽織ることも多いですが、カッターシャツや目立たない服の上に白衣を羽織っているという人もいます。研修医には少ないですが、皮膚科や耳鼻科といった汚れ仕事の比較的少ないかの医師は、白衣の人が多い印象です。

僕は病院から支給されたごく安物の白衣を着て満足しているのですが、女性の中には、後ろから見たシルエットを気にしてファッショナブルな白衣を好む方もいます。

ワコールと共同開発したスリムなシルエットの白衣もあるようです。

スクラブの上に羽織るのは、患者さんにインフォームドコンセントをする時や、スクラブだけだと収納力が足りない時(聴診器や本などが入り切らない時)が主だと思います。

夏場だと、スクラブだけだと冷房が寒いから白衣を羽織るという人もちらほら見かけます。

職場についてから着替えるのが面倒な人は、カッターシャツや目立たない服を着て出勤し、その上に白衣を羽織るようです。

 

ケーシーを着こなせる人は少数

その他に、ケーシー白衣と呼ばれるものがあります。

外科の男性医師が着ているイメージです。あまり内科系の医師や女性医師が着ているイメージはありません。研修医でもケーシー白衣を着ているのは少数だと思います。

ケーシー白衣は無難な色合いで、誰にでも似合うのではと思ってしまいがちですが、個人的には腕が細い人には全然似合わないと思っています。僕がケーシー白衣を着てしまうと、腕がひょろくて貧弱に見えるだけなので、全く着ていません。

外科の男性医師は「たくましい」体格の先生が多いため、ケーシーがよく似合うなぁと思います。また女性医師は、下着が透けてしまうため、ケーシーは避けてるのかなぁとも。腕も細いことですし、似合う人は少数かなぁ、と思います。

 

暑い梅雨・夏がやってきて、最近スクラブが足りなくなってきました。今スクラブ3枚を毎日洗濯しながらローテーションさせているのですが、梅雨のため洗濯できず、同じスクラブを2日連続で着ることも。不潔だし、何より汗臭いので早く買い足さないと、と思うことしきりです。

ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

336*280

336*280

-研修医生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「胸痛」と「心窩部痛」

johnhain / Pixabay 救急外来で当番をしていると、「胸痛」や「心窩部痛」を主訴に来院される患者さんに悩まされます。同様に「胸部不快感」を主訴の患者さんにも難渋することが多いです。 &n …

ふるさと納税ラッシュのようです:返戻率50%の御礼品に注目

早いもので師走も半ばを過ぎました。 そんな中、僕の周囲では「ふるさと納税ラッシュ」が始まっているようです笑   ラッシュと言っても研修医が納税するふるさと納税はせいぜい2〜4万円程度なので、 …

コード・ブルー 3rd season 第9話 -研修医目線の感想-

今話題の月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の感想を書いていきたいと思います。 今回は第9話。バックナンバーはこちらよりご覧ください。   スポンサーリンク Content …

蕁麻疹か?アナフィラキシーか?

救急外来に「皮膚にぶつぶつが出てきた」という主訴で来院される患者さんが多数おられます。 食べ物?植物のかぶれ?運動?食事後の運動?寒冷?などなど誘引はお話を伺ってもよく分からないことがおおいですが、と …

『レジデントのための腎臓教室』が出版されていたようです

レジデントのための『ベストティーチャー』シリーズの最新刊が出版されたようです。同期に言われて気づきました。   ・レジデントのための腎臓教室〈ベストティーチャーに教わる全14章〉 レジデント …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている初期臨床研修医。医者1年目に見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10