のび太の研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


医学書レビュー

研修医当直御法度は4月に読むにはちょっと難しい

投稿日:2017-05-04 更新日:

研修医なら知らない人はいないであろう「当直御法度」。どの病院の医局にも必ず転がっているのではないでしょうか。

僕が勤務している病院では5月から1年目研修医の当直が始まります。当直に先立って、この本を一読してみました。

・良いところ

医学書の中ではいわゆる「安直本」に分類されるのでしょうが、救急のビックネームの先生が書かれている上に、各項目にきちんと出典が書いてあって、信頼できる情報となっている。

処方すべき薬、行うべき検査が具体的に示されており、実戦的である。

マイナー科に関しても頻度の高い事項に関しては記述されており、内科ローテでどうしても手薄になりがちな知識を必要最低限は補える。

 

・悪いところ

僕の臨床経験が浅いため、一読しただけではなかなか頭に入ってこない。そもそも薬の名前すらあやふやな1年目の4月に読む本としては難しい。したがって、何度も通読する必要がある。

 

正直いまの僕には難しすぎるかなぁ、という本です。当直のたびに繰り返し読んで、実際に症例を経験するたびにこの本を紐解き読み返すことで、この1年でこの本にかかれていることは把握できた、そう言えるように頑張って勉強せなあかんな、って思います。

ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング



336*280

336*280

-医学書レビュー

執筆者:


  1. […] とあり、以前紹介した『研修医当直御法度』『研修医当直御法度 百例帖 第2版』(以前の記事:『研修医当直御法度は4月に読むにはちょっと難しい』)が裁判における資料として登場しています。つまり、世の中ではこの当直御法度程度の医療は求められている、ということ。必死に身に着けなければなりません。 […]

  2. […] 研修医当直御法度は4月に読むにはちょっと難しい […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

救急外来でどこまで検査したら訴えられないか?

Activedia / Pixabay   救急外来では、正しく診断・対処することを意識すると同時に、見落としがないか、そして万一訴えられることはないかと考えながら診療します。研修医が『訴訟 …

竜馬先生シリーズのまとめ。「白熱講義」はリアルに行われているようです!

(↑の写真は竜馬さんのイメージです笑) 研修医向けの血ガス・人工呼吸管理の著作で有名な田中竜馬先生。米国の集中治療医・呼吸器内科医として活躍されているそうです。 このブログでも先生の著作を度々紹介させ …

『レジデントのための腎臓教室』が出版されていたようです

レジデントのための『ベストティーチャー』シリーズの最新刊が出版されたようです。同期に言われて気づきました。   ・レジデントのための腎臓教室〈ベストティーチャーに教わる全14章〉 レジデント …

意外と便利なイヤーノート

webandi / Pixabay   医学生5・6年生なら誰でも持っているイヤーノート。この参考書が使えるのは学生時代だけかと思いきや、意外と研修医のときも使えますし、内科専門医試験まで使 …

研修医が受講できる講習会1:BLS, ACLS, PALS

研修医やコメディカルを対象とした医療関係の講習会がいくつかあります。メジャーなものに関して数回に分けて紹介してみたいと思います。一部は学生さんも受講可能です。 今回ご紹介するのは、BLS, ACLS, …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている初期臨床研修医。医者1年目に見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10