のび太の後期研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活 医学関連

インフルエンザ診療をしていて思うこと。迅速検査に意味はある?

投稿日:

インフルエンザが流行っています。こんな時期に救急外来をしていると、「インフルエンザかもしれないので検査してください」と言ってやってくる患者さんがたくさんいます。

 

インフルエンザ迅速検査は原則実施しない病院があります

インフルエンザ流行期にインフルエンザ迅速検査にはあまり意味がないと言われています。

実際に東京都立小児医療センターでは、インフルエンザ迅速検査は原則実施しない方針としています。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t303/201712/553983.html?n_cid=nbpnmo_mled

 

東京都立小児医療センターというと、成育医療センターに次ぐ小児医療のメッカです。このような大病院でインフルエンザ迅速検査を実施しないのはなぜなのでしょうか?

もちろん、インフルエンザ様の症状がある患児全員に迅速検査を実施していては、救急外来がパンクしてしまうというのも理由の1つかと思います。

ただ、それ以上に、インフルエンザ流行期においてインフルエンザ迅速検査は意義が乏しいと言われています。

 

スポンサーリンク

 

なぜインフルエンザ流行期において迅速検査の意義が乏しいのか?

その理由に関しては、↓で示したスライドを参照すればよくわかると思います。研修医にとってはEBM(Evidence Based Medicine)について学べる良いスライドだと思います。このような良い教材を提供してくださっている名郷先生に敬意をを表したいと思います。

 

簡単にまとめると、

  • インフルエンザ迅速検査は感度70%程度、特異度98%程度の検査である(これに関しては検査キットによって差異があるかもしれません
  • つまり、インフルエンザ迅速検査は、「陽性であればほぼ確実にインフルエンザである」「陰性であってもインフルエンザでないとは言えない」検査である。
  • インフルエンザ流行期においては、発熱・咳嗽・鼻汁・関節痛などの症状が揃えば、インフルエンザである事前確率が非常に高い
  • そのため、インフルエンザ迅速検査陰性であってもインフルエンザである可能性が高い
  • 従って、インフルエンザ迅速検査よりも、医師が症状から臨床診断する方が検査よりも的確な判断ができる。
  • ちなみに、そもそも抗インフルエンザ薬(タミフル等)は有熱期間を1-2日短縮する程度の効果しかないため、健常人においては必ずしも服用の必要はない。高齢者の患者さんや免疫不全の患者さん、施設入居中の患者さんの場合は話は別です

ということです。流行期でない場合はまた違った話になります。

 

スポンサーリンク

 

安易な迅速検査が医療費を圧迫する

インフルエンザ迅速検査を実施すると下記の費用がかかります。

D012感染症免疫学的検査 「インフルエンザウイルス抗原定性」 147点

D026検体検査判断料 「免疫学的検査判断料」 144点
D419その他の検体採取 「鼻腔・咽頭拭い液採取」 5点
『BD Flu エグザマン™』の製品説明ページより

インフルエンザ迅速検査は決して安い検査ではありません。

保険点数で300点程度。およそ3000円ほどかかる検査です。先述のように流行期においては意義が乏しい検査であるのならば、インフルエンザ迅速検査は日本の医療費を圧迫する検査と言っても過言ではないのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

ここまで分かっていても「ことなかれ主義」で検査してしまいます

ただ、ここまで迅速検査の意義を分かっていても、

  • 患者から迅速検査を求められ、検査の意義を説明しても「検査してくれ」と言われれば検査してしまう。心のなかで「意味もなく痛い思いをするだけなのになぁ」と思いつつ。
  • 看護師から入院した際に「病棟管理が変わるので検査してくれ」と言われる。心のなかで「インフルエンザとはいえ、飛沫感染だから感染予防策は普通の感冒の人と何ら変わりないのになぁ」と思いつつ。
  • 医療事務から「タミフルを出すためには検査をしてください」と言われる。心のなかで「別に迅速検査陽性でなくても、臨床的にインフルエンザと診断し、病名にインフルエンザと入れておけば査定されることはないのになぁ」と思いつつ。

てな感じで「ことなかれ主義」に走ってしまう自分がいます。情けない限りですが、例えば都立小児医療センターのように施設として検査しない方針にするとか、保険審査で迅速検査は原則査定対象とするなどなど、個々人の努力の及ばない「大きな力」で規制しないと、なかなか難しいなぁと思います。

医師・看護師を含めた医療関係者・患者にしっかりと検査の意義を教育することも、大変なことではありますが必須なのだと思います。

 

ランキングに参加しています。他にも『研修医』『医師』をテーマにした面白いブログがたくさんあるので、よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

 

336*280

336*280

-研修医生活, 医学関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マフィアが教える心肺蘇生

  最近、土俵上で心肺停止に陥った市長に対し心肺蘇生術を施そうとした女性が「土俵を下りて」とアナウンスされ、日本相撲協会が非難を受けることがありました。 救命処置の女性に“土俵下りて”(20 …

研修医が受講できる講習会4:T&Aシリーズ

研修医を対象とした医療関係の講習会がいくつかあります。メジャーなものに関して数回に分けて紹介してみたいと思います。一部は学生さんも受講可能です。 今回ご紹介するのは、T&A(Triage an …

Amazonで医薬品が買える時代に

いつのまにかAmazonで医薬品が販売されるようになっています。 「便利な世の中になったなぁ」と思います。 病院に勤務していても、受診して処方を受けるのは面倒です。僕自身、Amazonで医薬品を購入す …

死亡診断書を書く、お看取りについて考える

vargazs / Pixabay 研修医生活も1ヶ月あまりが過ぎ、もうそろそろ研修医の方々もお看取りを経験された方が多いのではないでしょうか。数人看取り、思い感じたことを記したいと思います。 医師に …

Choosing wiselyが最近欧米で流行のようです

日経メディカルにこんな記事がありました。 学会が「推奨しない検査」はコレ! http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t298/201709/ …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている臨床研修医。2019年〜小児科後期研修医、2017-2019年初期研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。