のび太の研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活

メモの取り方は意外と難しい

投稿日:2017-05-20 更新日:

congerdesign / Pixabay

プレジデントにこのような記事がありました。

『高収入エグゼクティブの「ノート習慣」 役員vs課長止まり「書き方」比較』

http://president.jp/articles/-/22040

 

プレジデント社の記事は、「眉唾ものが多いなぁ」というのが正直な感想で、ちょっとだけ高級路線をいく”週刊誌”だと思って時々読んでいます。いろいろとツッコミどころ満載なこの記事ですが、要するに、出世する人は

・自分でメモをよくとる

・メモは頻繁に見返し、長期間保管する

・要点をまとめ、図解化する

そうです。

こんなん当たり前やん!!というのが正直な感想。

メモも取らずに話を一回聞いただけで覚えてられる、ってそりゃ相当な天才ですよ、、、

 

スポンサーリンク

 

研修医もメモをとる機会はとても多いです。

例えば、

・上級医の先生から処方や他科へのコンサルテーションを頼まれたとき

・看護師さんから病棟患者さんに関してちょっとしたお願いをされたとき

・救急当番の際に、救急からのコンサルテーションを受けるとき(コンサルの内容を上級医に伝えねばならない)

・病棟を上級医とローテートする際に、ちょっとした講義をしていただいたとき

・勉強会に出席した際(特にレジュメがない場合)

などなど。例を挙げればキリがありませんー>_<

 

とりあえず、研修医は小さなメモ帳を常に持ち歩いていることと思います。メモはスマホに、、、という現代っ子もいるかもしれませんが、病棟で携帯を触るのは患者さんの目が気になりますし、上の先生や看護師さんが自分にお願いしているのに、おもむろに携帯を取り出す、というのはなんか気がひけますよね。僕も↓のような小さなメモ帳を持ち歩いています。無印良品のメモ帳で、柄も何もないのでシーンを選びません。

ただ、メモを見返すと、、、

何が書いてあるのか全然わからない!!

 

処方とかのメモならば、その場限りなので分からなくなって全然OKなのですが、レクチャーの内容等はきちんとしたメモが残らないと困ります。

大学のころは、レジュメが授業ごとに配られ、そのレジュメに適宜メモを取っていればOKだったのですが、病棟を上級医と回った際の「プチレクチャー」にレジュメなんてないですよね。そのわりに、そのレクチャーにいわゆるclinical pearlが隠されているわけです。

 

スポンサーリンク

 

ということで、最近僕は、

メモ帳を毎日家に持ち帰り、その日のうちにEvernoteに記録する

という作業を行っています。ある意味、「メモ帳の電子化」を行っているわけです。

その日のうちに」というのがミソで、日が経ってしまうと記憶が薄れて、メモの内容が意味不明になってしまいます。その日中にメモを持ち帰り、分からない箇所は適宜調べながらEvernoteに記録するわけです。

ノートブックは、以下のように分類しています。


とりあえず、イヤーノートのアルファベットに従って分類しています。

今後ノートはどのくらい増えていくのでしょうか?ちなみに雑記帳は飲み屋さんとか買いたいもののメモです。圧倒的に多い笑

学生の頃はEvernoteなんてなんのために使うんやろ、と思っていましたが、いざ使い始めてみると結構有用なものですね。登録も簡単で、パソコンと携帯が勝手に同期されるのはなかなか便利です。情報整理に困ってる方にはおすすめです。Evernoteの登録はこちらから。

ただ、ぶっちゃけ有料だと使わないよなー、というのが正直なところ。今のところ、プレミアム版を使おうとは考えていません。

 

そもそもメモをとるのが下手なので上手に取れるようになりたいです。病棟の看護師さんがすごく上手に僕の指示()をメモされているのを見て、尊敬する日々です。

Practice makes perfectの世界なので、何回も繰り返して上手になるものなのでしょうが。。。

目立たないちょっとしたことだけど、頑張らなあかんことの1つやなー、と思います。

 

ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると幸いです!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング



336*280

336*280

-研修医生活

執筆者:


  1. […] 以前、「メモのとり方は意外と難しい」という記事で、Evernoteを使って情報整理を行っていることについて述べました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

救急外来で重宝するアプリ

OpenClipart-Vectors / Pixabay   研修医が病院に貢献する数少ない場の1つに「救急外来」があります。 救急対応を扱った本は、誰もが知っている「研修医当直御法度」を …

コード・ブルー 3rd season 第8話 -研修医目線の感想-

mikegi / Pixabay 今話題の月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の感想を書いていきたいと思います。 今回は第8話。バックナンバーはこちらよりご覧ください。   …

ついに研修医

2017年4月1日。ついにのび太は研修医となってしまいました。 思えば大学に入学したのは6年前。ここまで長かった。。。 のらりくらりと学部の試験をパスして、いっぱいいっぱい遊んで、国試前半年くらいは本 …

竜馬先生の血液ガス白熱講義に新刊が!練習問題でイメトレできるようです!

  以前、血ガスの入門書として『竜馬先生の血液ガス白熱講義』をご紹介しました。 血ガスの入門書!竜馬先生の血液ガス白熱講義   友人から聞いたのですが、新たに新刊が発売されるそうで …

大腿動脈からの血ガス・血培をとるのは余裕!と思っていると。。。

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay 前回に引き続き、裁判ネタです。 以前、「血ガスの入門書!竜馬先生の血液ガス白熱講義」という記事で、こう述べました。 研修医になって …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている初期臨床研修医。医者1年目に見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。