のび太の研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活

病院の経営戦略 ブランド化は進むのか?

投稿日:

0102oxy / Pixabay

プレジデントにこんな記事が掲載されていました。

スタバ「マイボトル」の人は浪費家だった
http://president.jp/articles/-/22872

 

プレジデントはちょっと分をわきまえた週刊誌という感覚でときどき読んでいます。興味深い記事から、眉に唾して読む記事まで。 今回の記事は後者だなぁ、と思います。

 

主張している内容はおおよそ正しいと思う

結局、この記事を書いておられるFPの先生は、

スターバックスというブランドに陶酔することなく、中身実質をしっかりと見極めて

という主張なのだと思います。

 

確かにスタバやタリーズのボトルは、象印やサーモスのボトルと比較して高価格であるが機能には劣るのは否めないでしょう。ボトルを使ってスタバでコーヒーを購入することは必ずしも経済的とは言えないかもしれません。

 

ただ、スタバのボトルを購入し、スタバでコーヒーを購入する人は

スタバのボトルでスタバのコーヒーを購入するという経験

を求めているのであって、象印やサーモスのボトルでは代えがたい経験をしているのだと思います。

ただ単にコーヒーを買いたいわけではないので、これはこれでいいのではないのでしょうか?

 

極端な話、最近ではコンビニコーヒーでも美味しいものがたくさんありますし、僕は研修医室ではドリップしたコーヒーを飲んでいます。

こんな感じのドリップコーヒーなら、ドリップしたてを安価に飲むことができます。

 

むしろFPなら、スタバのブランド戦略を分析してほしい

スタバはコーヒーに付加価値をつけて販売しています。単にコーヒーを売っているわけではないのです。

僕自身スタバでコーヒーを飲むことはあまりありませんが、まれに飲むたびに「高いなぁ」と思ってしまいます。それでもリピーターは確かに存在するのであり、スタバのボトルでスタバのコーヒーを購入することに価値を見いだせる顧客層を生み出すことに成功しているのです。

 

経済的合理性の観点からすると、こんな消費者が生まれるのは興味深いことです。スタバはどのようにしてこんなリピーターを生み出したのか、ということこそがビジネスマンの愛読するプレジデントの読者のニーズに合致するのではないかなぁ、と思います。

 

スポンサーリンク

ブランド化が求められる医療

ここからは僕の私見です。

スタバと同じように、病院も最近では「ブランド化」を求められているなぁ、と感じることが多くなりました。

 

保険診療は全国あまねく場所で等しい品質の医療を受けることができるのを前提としていますが、こんなことは画餅であると考える患者さんが多いです。

 

一昔前は百貨店型の「なんでもできる総合病院」がもてはやされてきましたが、僕が勤務している病院も含め、「その病院の強み」を前面に打ち出しブランド化を図らないと、生き残りが難しい、、、、とよく言われます。患者さんの「大病院志向」が議論され、「患者さんは大きな病院で受診したがる」という問題点を解決するために逆紹介にインセンティブが与えられてきました。が、この志向も過去の話になりつつあります。最近では、よく調べている患者さんは、「この病期に関しては、あの病院の○○先生に見てもらいたい」と言われることが少なくなく、単なる大病院はもはや信用していないようなのです。

 

ただ、医療の殆どのことに関しては、どの病院もやってることは結局大差ないのではないか、とも思います。スタバのコーヒーもコンビニコーヒーもそんなに味に大差はないのと同じように、一部の特殊な医療を除いて、有名病院でもその隣の病院でもやってる医療は同じ。胃カメラを有名病院で受けても、非有名病院で受けても大差はありません。日本は人口が減っていく社会です。そんな中、どうやって自分の病院をブランド化し、集患するか。その戦略が問われる時代になっていくのではないか、と思います。

 

ランキングに参加しています。他にも『研修医』『医師』をテーマにした面白いブログがたくさんあるので、よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

336*280

336*280

-研修医生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ストラップ付シャチハタはめっちゃ便利!

研修医や医師の方々は、病院内では「スクラブ+白衣」という出で立ちの方が多いと思います。 そして、筆記用具・シャチハタ・PHSは「スクラブ」あるいは「白衣」の中に入れているという方も多いことでしょう。そ …

循環器内科ローテ必携の1冊

循環器内科ローテはどの研修医病院でも必ずあるローテーションの1つです。 ただ、正直なところ循環器ローテは、 カテーテル・アブレーションの見学は循環器内科志望以外の研修医にとっては退屈 その割にはハード …

労働基準監督署は医師の味方?それとも敵?

以前、聖路加病院に労働基準監督署が入った時に、こんな記事を書きました。 聖路加国際病院に労基署が入ったニュースを見て思う 働き始めて半年経ち、この時とはちょっと違った考え方になってるので、あのときはこ …

臨床研修開始後1週間

  Concord90 / Pixabay 早いもので働き始めてもう一週間。最初の1ヶ月は消化器内科ローテです。 学生の頃は朝のんびり起きてたけど、朝7時には起きて、8時には出勤。 エコーの …

コード・ブルー 3rd season 第6話 -研修医目線の感想-

Myriams-Fotos / Pixabay 今話題の月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の感想を書いていきたいと思います。 今回は第6話。バックナンバーはこちらよりご覧ください。 …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている初期臨床研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10