のび太の研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


医学関連 医学書レビュー

胸部単純X線写真・胸部CTを読む姿勢・読み方

投稿日:2017-05-12 更新日:

胸部単純X線写真は日常的にオーダーする検査です。研修医も日々たくさんの胸部Xp写真を読んでいるはずですが、どうしても適当になりがち。

胸部Xp写真をカルテに貼って、所見は、心胸郭比とCPAだけかいたらおしまい!!

というのが恥ずかしながら僕の現状です。。。

これからたくさん胸部単純X線写真は撮るだろうし、少しでも多くの情報を胸写から得られるように勉強しました。

 

スポンサーリンク

 

学生の頃、放射線科の実習で、胸写読影のコツは、

システマチックに読むこと!!

と教わりました。「どこをどのような順番で読むか決めておいて、毎回決められた手順を守ること」が肝要だそうです。CTやMRIは、病変があると目に飛び込んできますが、胸写に限って言えば、病変はなかなか目に止まりません。しかも、将来は、ざわざわした外来にて短時間で読影を行わねばなりません。

今回読んだ本は、「レジデントのためのやさしイイ胸部画像教室」です。

滋賀医科大学でベストティーチャーとして高い評価を受けている長尾大志先生がかかれたレジデント向けの本です。CTの所見と合わせて、学生・初期研修医が理解すべき胸部単純写真、胸部CTについて語り掛けるような口調で平易に述べられています。

この本では、胸部X線写真は

  1. 撮影条件
  2. 胸郭は左右対称か
  3. 横隔膜の高さ
  4. 骨軟部陰影に異常はないか
  5. 縦隔陰影に異常はないか(縦隔気腫、傍気管線、気管偏位の確認)
  6. 気管分枝角に異常はないか
  7. 肺門部陰影に異常はないか(肺動脈径の拡大)
  8. 大動脈の陰影は最後まで終えるか。A-P windowは突出していないか
  9. 心陰影に異常はないか
  10. 肋骨横隔膜比は鋭か
  11. 肺野に異常陰影はないか(浸潤影、粒状影、すりガラス影、無気肺など)

というステップに分け、各ステップについて異常所見、紛らわしい病変について説明しています。

練習問題が15題ついていて、実際に読影する際と同じように1.〜11.について解説しており、読影の際の目の動かし方・考え方が分かります。

 

また、胸部CTの読み方についても、「なぜこのような陰影が出現するのか」という機序を平易な図を用いて分かりやすく説明しています。

 

僕はこの本を読む前は、

・肺の区域分類がよく分かっていない

・浸潤影とすりガラス影の違いがいまひとつよくわからない

・粒状影、結節影、腫瘤影といった言葉の使い分け方がわからない

・「小葉中心性の粒状影」という言葉をよく聞くけれど具体的にどういうことかはわからない

という状態でしたが、このようなあやふやな知識がすっきりと整理されます。

初期研修のはじめのうちに読むことをおすすめする本です。胸写これからの医者人生で何回も何回も読むことになるので、早めの学習が大切だと思います。

ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると幸いです!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング



336*280

336*280

-医学関連, 医学書レビュー

執筆者:


  1. […] この本については以前「胸部単純X線写真・胸部CTを読む姿勢・読み方」で取り上げました。上で紹介した「やさしイイ呼吸器教室」でも本書の一部が取り上げられていますが、舌足らず […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大腿動脈からの血ガス・血培をとるのは余裕!と思っていると。。。

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay 前回に引き続き、裁判ネタです。 以前、「血ガスの入門書!竜馬先生の血液ガス白熱講義」という記事で、こう述べました。 研修医になって …

竜馬先生の血液ガス白熱講義に新刊が!練習問題でイメトレできるようです!

  以前、血ガスの入門書として『竜馬先生の血液ガス白熱講義』をご紹介しました。 血ガスの入門書!竜馬先生の血液ガス白熱講義   友人から聞いたのですが、新たに新刊が発売されるそうで …

タバコによって医療者の治療意欲は削がれるのか?

Pexels / Pixabay 一昔前、あるジャーナリストが透析患者に関する不適切な発言をし、物議を醸しました。 「長谷川豊氏、「人工透析」ブログの「真意」語る 全腎協の謝罪要求は「断固拒否」」 J …

腹部エコーの勉強法

falco / Pixabay 消化器内科ローテしている間は、毎日研修医は腹部エコー当番になっています。当番とはいっても、もちろん1人で所見を確定できはしないので、上級医チェックが必要です。 流れとし …

おたふくかぜによる難聴がこの2年で300人以上いるらしい

  今朝のNHKニュースでこんなことが話題になってました。 『おたふくかぜで難聴 2年間で314人に上る』 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170905/ …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている初期臨床研修医。医者1年目に見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。