のび太の研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活 ファイナンス

医師は金持ち。金持ちは幸せ。だから医師は幸せ。これってホント?

投稿日:2017-06-22 更新日:

White77 / Pixabay

プレジデントにこのような記事がありました。

『ビンボーでも幸せな人は、なぜ幸せなのか』

http://president.jp/articles/-/22327

 

以前もプレジデントの記事について日記を書きましたが、プレジデント社の記事は、「眉唾ものが多いなぁ」というのが正直な感想で、ちょっとだけ高級路線をいく”週刊誌”だと思って時々読んでいます。

 

よく医者というと

  1. 医師は給料が高い
  2. 給料が高いと幸せな生活ができる
  3. だから医師は幸せなのだろう

といったイメージで語られます。

患者さんからもそんなかんじのことを言われることがありますが、実際はそんないことないんやけどなー、と思っています。僕はいつも「まだ研修医やし、ぺーぺーですよー」といって適当にお茶を濁しています。このよくある三段論法についての考えをつらつらと記してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

医師は給料が高い

この意見は正しいと思います。ただ、正確に言うと、

医師にしか許されていない医療行為が多いため、必然的に長時間労働となり、労働時間が長いから高給になる

となると思います。ただ、世の中仕事に恵まれない方がたくさんいるので、有り余る仕事に溢れているという点で、我々医師は有利な立場にあるのかなぁと思います。まぁ、休みたいなぁ、と思うこともしばしばですが。

 

給料が高いと幸せな生活ができる

この意見は僕は正しくないと思います。プレジデントの記事にも関連しているのですが、お金があると物質的に豊かな生活が送れるのは確かですが、それによって幸福感が得られるかと言われると、微妙なところ。結局、独身の医師は、朝はコンビニのパンを食べ、昼はコンビニ弁当を食べ、夜はスーパーの半額のお惣菜を食べています。お金があっても昼にランチに出かけられるわけではなく、毎晩飲みに行くほどの金銭的余裕はありません。

あくまで私見ですが、

お金は幸福を高めるもの、ではなく、不幸を少なくするもの

だと思います。

人生の厄介事の多くはお金で解決できてしまいます。例えば、不幸にも病気になってしまい、日常生活に近い環境で療養生活を送ろうと思えば、病院の個室に入院しよう、という話になるのですが、その場合、差額ベッド代を支払らわねばなりません。

個室に入院することで幸福度は上がりませんが、プライバシーの少ない中、他人と一緒に療養生活するという不自由は軽減されます。

他にも、自動車事故を起こした際にも、相手側への弁償はお金があれば(人身に関わるもの以外は)解決できてしまいますし、争いごとに巻き込まれてもお金があれば弁護士を雇うことができます。

このように、本質的には、お金は幸福を高める、というよりは不幸を少なくする、という性質が大きいのではないか、と思います。

 

スポンサーリンク

 

だから医師は幸せなのだろう

2で述べた通り、「医師は不幸になりにくい」というのが正しいと思います。

じゃあ、医師は幸せではないのか? それは「否」やと思います。

医師が幸福を感じる瞬間は、「給与明細を見るとき」というよりも、「患者さんに感謝されたとき」「自分の思っている医療を実現できたとき」といった比較的”原始的”な喜びやと思います。

僕も最初は4月に給与明細を見たときは幸せでしたが、5月・6月と繰り返し見るにつれ、慣れてきてしまい、給与明細を見てもなんとも思わなくなってしまいました。それでもなお、自分の受け持ち患者さんがよくなると嬉しいもので、幸せって原始的なものなのかなぁ、と思います。

 

この三段論法は、2.に誤謬があるため成立しませんが、結局は別の理由で医師は幸せなんだろな、ってのが僕の結論です。

まぁ、こんなまじめーな考えの人は多くないのかもしれませんが(´・ω・`)

 

ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

336*280

336*280

-研修医生活, ファイナンス

執筆者:


  1. […] 医師は金持ち。金持ちは幸せ。だから医師は幸せ。これってホント? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

厚生労働省作成の「かぜ診療ガイドライン」

以前抗菌薬の適正使用の難しさについて記事を書きました。 抗菌薬の適正使用って難しい。。。 経口第3代セフェム系の抗菌薬の処方は減ってきたなぁ、と思う一方で、「風邪に抗菌薬」はなかなかなくならない印象。 …

タバコによって医療者の治療意欲は削がれるのか?

Pexels / Pixabay 一昔前、あるジャーナリストが透析患者に関する不適切な発言をし、物議を醸しました。 「長谷川豊氏、「人工透析」ブログの「真意」語る 全腎協の謝罪要求は「断固拒否」」 J …

『内科レジデントの鉄則』は早めに身につけるべき鉄則集

41330 / Pixabay   梅雨に入り、外出することも減る今日このごろ。休日に「積ん読く」になっている本を読み切る日々です。本を読むのも大事だけど、本を読むだけでは身につかないのも事 …

研修医1年目を終えて

早いもので2017年度も終わりを迎えることとなりました。 研修医になってはや1年。来週からは2年目研修医として働くこととなります。 後輩が入ってきて、先輩になるのが不安です。。。 僕自身が1年目の時、 …

コード・ブルー 3rd season 第9話 -研修医目線の感想-

今話題の月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の感想を書いていきたいと思います。 今回は第9話。バックナンバーはこちらよりご覧ください。   スポンサーリンク Content …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている初期臨床研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。