のび太の後期研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活 ファイナンス

医師賠償責任保険の更新時期がやってきました

投稿日:

民間医局から『医師賠償責任保険更新のお知らせ』のメールがやってきました。民間医局のDOCTOR’s MAGAZINEにもチラシが挟まっています。どうやら民間医局を通じて医師賠償責任保険に加入している人は契約更新の時期に差し掛かってきているようです。

 

医療行為に伴い訴訟が起きた場合に金銭的保証をしてくれる保険。病院によっては「病院で加入しているから個人では加入しなくてもいいよ」と言われることもありますが、最近の医療訴訟では「病院」「医師個人」の両方を被告として訴えることがあり、その場合には病院加入保証の保険ではカバーされないこともあるそうです。

 

以前「研修医になる前にしておくべき5つのこと」という記事でも医師賠償責任保険に加入すべきだと記しました。

 

今回はさらに「タイプE」が追加され、1事故あたりの最高保証額が3億円のプランが追加されました。詳細は下のバナーからご参照ください。 

 

「どこまで保険をかければ安心か?」は人によってそれぞれ。とはいえ、今までタイプDで満足していた人も、少なからずタイプEの契約をすることと思われます。

 

「医療は人間の業であり不確実性を伴う」のは当たり前のことですし、患者さんもそのことをよく分かっているはずですが、「医療にはうまくいくこともあれば、うまくいかないこともある」ことが必至である以上、訴訟のリスクは避けて通れません。

 

学会の医師賠償責任保険でもいいですし、母校で保険を用意してくれているのであれば、それに入るのも良いでしょう。

 

これから研修医になる方々からするとピンとこないかもしれないですが、医療は危険との隣合わせ。病院加入の保険のみとし、個人では保険に入らないことにする場合は、「(地域実習などの)外病院で医療行為を行う際にも保証されるか」必ず確認し、保証されないようであれば必ず個人で医師賠償責任保険に加入するようにしてください。




研修医二年目を終えようとする先輩の老婆心ながらのアドバイスです(*^^*)

 

 

ランキングに参加しています。他にも『研修医』『医師』をテーマにした面白いブログがたくさんあるので、よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

 

336*280

336*280

-研修医生活, ファイナンス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コード・ブルー -3rd-season- 研修医目線の感想のまとめ

tombud / Pixabay 今話題の月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の感想を10回にわたって書いてきました。この記事は各回の感想へのリンクまとめです。適宜ご参照ください。 …

大腿動脈からの血ガス・血培をとるのは余裕!と思っていると。。。

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay 前回に引き続き、裁判ネタです。 以前、「血ガスの入門書!竜馬先生の血液ガス白熱講義」という記事で、こう述べました。 研修医になって …

頭痛に頭を悩ませられる

geralt / Pixabay 救急外来をしていると、頭痛を主訴に来院される方がたくさんいます。 頭痛は大きく2つに分けられて、 一次性頭痛(機能性頭痛) 二次性頭痛 に分類されます。   …

死亡診断書を書く、お看取りについて考える

vargazs / Pixabay 研修医生活も1ヶ月あまりが過ぎ、もうそろそろ研修医の方々もお看取りを経験された方が多いのではないでしょうか。数人看取り、思い感じたことを記したいと思います。 医師に …

貯金が増える幸せ

プレジデントでこんな記事を読みました。 『富裕層は億の資産残高に全然ときめかない 庶民は低収入でも高貯蓄なら幸せ』 http://president.jp/articles/-/24829 &nbsp …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている臨床研修医。2019年〜小児科後期研修医、2017-2019年初期研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。