のび太の後期研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活

女医が結婚後も旧姓のまま働き続ける方法

投稿日:

ご無沙汰しています。研修医のび太です。

 

最近立て続けに研修医同期や大学時代の友人の結婚式に出席しました。

男女平等が叫ばれる昨今ですが、妻の姓は夫のものに合わせることが大半だと思います。日本の法律では男女別姓が認められておらず、窮屈やなぁと思います。

 

 

スポンサーリンク

旧姓のまま働くか?新姓で働くか?

結婚後の女性の姓には様々なやり方があります。戸籍上の姓は夫のものに変えるとして、

  1. 院内での姓も新姓に変えて働き続ける
  2. 院内では旧姓のまま働き続ける

のいずれかでしょう。

研修医として2年間働いてきて、僕の病院ではほとんどが「2. 院内では旧姓のまま働き続ける」のパターンでした。

新姓に変えると、患者さんからのクレームになることもあるらしいです。「さすがにそれは理不尽やろー」と思うのですが。。。ただ実際問題、医師は院内の職員からの注目度はめちゃくちゃ高い職種ですので、姓が変わると業務上の問題が少なからず生じるのは予想に難くありません。

 

スポンサーリンク

 

死亡診断書や処方箋など、公共性を高い文書を旧姓で作成するのは大丈夫か?

病院でなければ「社内別姓」や「社内は旧姓」で働くことは難しくないでしょう。

扶養控除の申請書など、役所に提出する書類のみ新姓にして、それ以外の社内文書は旧姓のままで何ら問題ないままです。

ただ、医師の場合、難しいことが1つあります。

医師の重大な業務の1つに、死亡診断書を始めとする役所に提出する書類の作成や処方箋の作成があります。これらの文書は「公共性の高い書類」(院内で完結する「私的」な書類ではない)ため、戸籍上の姓が合致させなければならないのではないか、と考える人が多いです。

ただ、必ずしもこれらの文書を戸籍上の姓で作成しなければならないわけではないです。

 

スポンサーリンク

 

医籍は戸籍に合わせる必要があるが、医師免許を書き換える必要はない

都道府県によって対応が異なる可能性がありますが、

医籍は戸籍に合わせる必要がありますが、医師免許の姓名を書き換えなければ、旧姓のまま文書を作成しても問題ない

とされています。文書は医師免許の姓名と合致していればOKです。

結婚後に、「医籍訂正・免許証書書換え交付申請書」による申請の際に、医籍訂正のみを行い、医師免許証の書き換えをしなければよいのです。「免許証書書換え交付」の箇所を二重線で取り消すことで対応しているようです。

大阪医療センターのウェブページにも記載されていますので、ご参照ください。

http://www.onh.go.jp/html/woman_dr/index.htm

 

女子医学生・医師の方々、婿養子に入る男性医学生・医師の方々・妻方の姓を選択する男性医学生・医師の方々はぜひ覚えておいていただければと思います。

 

女性医師の場合にはこのように対応されていますが、同じ厚生労働省管轄の資格である看護師・助産師・薬剤師などの職種ではどのように対応されているのか、僕は知りません。情報をお持ちの方は、教えていただけると嬉しいです。

 

ランキングに参加しています。他にも『研修医』『医師』をテーマにした面白いブログがたくさんあるので、よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

 

336*280

336*280

-研修医生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

病院の経営戦略 ブランド化は進むのか?

0102oxy / Pixabay プレジデントにこんな記事が掲載されていました。 スタバ「マイボトル」の人は浪費家だった http://president.jp/articles/-/22872 & …

研修医が受講できる講習会1:BLS, ACLS, PALS

研修医やコメディカルを対象とした医療関係の講習会がいくつかあります。メジャーなものに関して数回に分けて紹介してみたいと思います。一部は学生さんも受講可能です。 今回ご紹介するのは、BLS, ACLS, …

大腿動脈からの血ガス・血培をとるのは余裕!と思っていると。。。

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay 前回に引き続き、裁判ネタです。 以前、「血ガスの入門書!竜馬先生の血液ガス白熱講義」という記事で、こう述べました。 研修医になって …

新専門医制度の功罪

m3で新専門医制度の登録数に関して、下記のような記事が掲載されていました。 『内科は20.8%、外科は5.9%、専攻医登録者数が減少』(2017/12/8閲覧) https://www.m3.com/ …

いつの間にか『内科レジデントの鉄則』の新版が上梓されていました

はやいもので5月も末となりました。 後輩たちもだんだん仕事に慣れてきて、日に日に僕の当直業務が楽になってきています笑     スポンサーリンク   そんな後輩たちも医学書 …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている臨床研修医。2019年〜小児科後期研修医、2017-2019年初期研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。