のび太の後期研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活 医学書レビュー

救急外来で重宝するアプリ

投稿日:

 

研修医が病院に貢献する数少ない場の1つに「救急外来」があります。

救急対応を扱った本は、誰もが知っている「研修医当直御法度」をはじめとしてたくさんあるのですが、今回ご紹介するのは便利なiOSアプリです。

ERのTips

 

JCSやGCS、意識障害の鑑別、くも膜下出血のHunt&Hess分類、脳梗塞のNIHSSスコア、皮ふのデルマトーム、TIAのABCD2スコア、カナダ頭部CTルール、PECARN頭部外傷ルール、A-Drop、CURB65、肺塞栓症のWills基準、虫垂炎のAlvarado score、咽頭炎のCentor scoreなどなど。

ホントは頭に入っていないといけないんやろうけど、いざ救外の場で知識を引き出すとなるとちょっととまどってしまう「スコア類」「診断基準」がキレイにまとまっています。

無料アプリなので、iPhoneに入れておけば必ず役に立つことと思います。ベテランの先生からすると内容の「薄い」アプリですが、初期研修医からすると、このくらいの方がかえって使い勝手がいいように思います。

 

このアプリは↓で紹介する本の図を抜粋したものになります。詳しい説明がほしい方には、こちらの本をおすすめします。

ERのTips

 

 

一度この本を一読した上で、アプリを使うと、使い所・背景がよく分かっておすすめです。
逆に、アプリを使ってみて、「なかなかいいなぁ」と思った方は、この本を読むことでさらに理解が深まります。無料アプリを使ってもらい、高い本を買わせる、、、という出版社サイドの巧妙な手口を感じます。僕はまんまとかかってしまいました(*^^*) が、後悔はしていません笑

ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

336*280

336*280

-研修医生活, 医学書レビュー

執筆者:


  1. […] 以前の記事「救急外来で重宝するアプリ」で便利なアプリを紹介しましたが、病院にもよりますがベッドサイドでスマホを触るのはすこし気が引けます。そういう環境にいる方は、『Quic […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

介護疲れ・老老介護が増えていると実感します

プレジデントにこんな記事が載っていました。 介護10年「頼むから、今日死んでくれ」(2018/2/4閲覧) http://president.jp/articles/-/24333   研修 …

コード・ブルー -3rd-season- 第10話 研修医目線の感想

今話題の月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の感想を書いていきたいと思います。 今回は第10話。最終回です。バックナンバーはこちらよりご覧ください。   スポンサーリンク …

研修医と病院経営

geralt / Pixabay プレジデントを読んでいると、こんな記事を見つけました。 『赤字22億円「東京女子医大」の危機的状況』 http://president.jp/articles/-/2 …

コウノドリ -2nd season- 第2話 研修医目線の感想

今話題の医療ドラマ『コウノドリ』。ちまちまと出来る限り感想をアップしていきたいと思います。 今回は第2話です。バックナンバーはこちらからどうぞ。 Amazon prime videoの無料体験で1st …

心電図の勉強法

研修医として働いていて「心電図」を読む機会はたくさんあると思います。 循環器内科をローテートしている期間はもちろんのこと、救急外来の場でも心電図を読まなければならない機会はたくさんあります。 &nbs …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている臨床研修医。2019年〜小児科後期研修医、2017-2019年初期研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。