のび太の研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


医学書レビュー

糖尿病内分泌内科ローテ必携の2冊+α

投稿日:2017-11-14 更新日:

糖尿病内科ローテはたいていの研修病院で指定されていることと思います。

教育入院で入院されている患者さんが多く、なかなかラクなローテとなる病院が多いかと思いますが、他科の患者さんでも糖尿病を合併してらっしゃている方は多く、ちゃんと勉強しておくに越したことはないです。

有名な参考書を2冊ご紹介したいと思います。

糖尿病診療ガイド

この参考書の特徴は非常に安価であること、そして簡潔にまとまっていること。薄い参考書ですので、あっさり読めちゃいます。が実臨床にも役に立つ。糖尿病内科ローテータ必携の1冊だと思います。患者さんの中にもときどき持っていらっしゃる方がいます。

 

糖尿病専門医研修ガイドブック

ちょっと調べ物をしたい時に便利な1冊です。もともとは糖尿病内科専門医を目指す後期研修医に向けて出版された本なので、初期研修医が持つにはオーバーキルな気がしますが、実臨床ではこの1冊があるとたいていのことに太刀打ちできることと思います。持っておいて損はないですが、ちょっと高めなので、医局や図書館に1冊あればいいかなぁ、という本です。

 

以上2冊があれば糖尿病診療においてそんなに困ることはないのかなぁ、と思います。ご参考までに。

 

ちなみに、糖尿病内科研修と一緒に、内分泌内科研修がセットになっていることもあるかと思います。その際には以下の本もおすすめです。

内分泌代謝専門医ガイドブック

ご参考になれば幸いです。

 

ランキングに参加しています。他にも『研修医』『医師』をテーマにした面白いブログがたくさんあるので、よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

 

336*280

336*280

-医学書レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『内科診断リファレンス』はEBMを目指す医師必携の1冊

いつのまにやら国試まで1週間。久しぶりに医学書レビューを書こうと思います。 今回ご紹介するのは、 『ジェネラリストのための内科診断リファレンス: エビデンスに基づく究極の診断学をめざして』 という本で …

いつの間にか『内科レジデントの鉄則』の新版が上梓されていました

はやいもので5月も末となりました。 後輩たちもだんだん仕事に慣れてきて、日に日に僕の当直業務が楽になってきています笑     スポンサーリンク   そんな後輩たちも医学書 …

やさしイイシリーズの新刊「レジデントのための腹部画像教室」が発売されてるようです

以前、レジデントのためのやさしイイ胸部画像教室という医学書をご紹介しました。 呼吸器内科ローテオススメの1冊 胸部単純X線写真・胸部CTを読む姿勢・読み方   この2つの記事で以下の本を取り …

救急外来でどこまで検査したら訴えられないか?

Activedia / Pixabay   救急外来では、正しく診断・対処することを意識すると同時に、見落としがないか、そして万一訴えられることはないかと考えながら診療します。研修医が『訴訟 …

『レジデントのための腎臓教室』が出版されていたようです

レジデントのための『ベストティーチャー』シリーズの最新刊が出版されたようです。同期に言われて気づきました。   ・レジデントのための腎臓教室〈ベストティーチャーに教わる全14章〉 レジデント …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている初期臨床研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。