のび太の後期研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活 医学関連

Choosing wiselyが最近欧米で流行のようです

投稿日:

日経メディカルにこんな記事がありました。

学会が「推奨しない検査」はコレ!
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t298/201709/552734.html

ときどき日本でもChoosing wiselyという言葉を聞くようになりました。実際のところどうなんでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

検査偏重になりがちな風潮を正す運動

医療において様々な検査を行うことが必要不可欠です・

血液検査、画像検査、内視鏡検査、カテーテル検査など検査の数は枚挙に暇がありません。

何らかの疾患を疑う場合、検査を行いその疾患である可能性の高低を判断しなければなりません。

ただ、診断に直結しない、あるいは診断後のマネジメントに影響しない検査はムダな検査、ということになります。

 

僕自身も検査に頼りがちです。

例えば足の捻挫疑いで救急外来を独歩で受診した患者さんに、レントゲンをすぐ撮影してしまいます。歩けている患者さんの骨が折れている可能性は限りなく低いです。それでもレントゲンを撮影してしまうのです。

レントゲンの読影は難しいから、ということで時にはCTまで撮影してしまうことも。。。歩ける人にCTまで撮るのってムダだよなぁ、、、とつくづく思います。

 

 

不要な検査を省くために様々なruleがある

例えば、先述の足の捻挫の場合には画像検査の適応に、

Ottawa ankle ruleがあります。

定められた5箇所の圧痛点を調べ、1箇所でも圧痛点があるのであれば画像検査を行うべき、というルールです。(詳しくは参考書等を御覧ください)

 

このruleは様々な論文で追試され、systematic reviewでその正確性が担保されています。きわめて有用なruleです。

このようなruleを1つ1つ覚えて、不要な検査を省くことができるように努めるべきなのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

患者さんの理解も必要

Ottawa ankle ruleでは微小な骨折は見落としてもOKということになっています。

なぜなら、微小な骨折があったとしても、自然にくっつくのを待つだけで特に加療を要さないからです。

患者さんの中には「どんなに小さな骨折でもいいから骨折があるか知りたい」とおっしゃる方がたくさんいます。

そもそも小さな骨折があっても治療は変わらず、たとえCTやMRIを撮影したとしてもスライス厚よりも小さな骨折は見落としてしまう可能性があるわけで、限界があることを理解して頂く必要があるわけです。

整形外科医は「骨折はありません」という説明をすることはありません。救急外来で診療する医師も安易に「骨折はありません」と言うべきではないでしょう。「画像検査で分かるはっきりとした骨折はありませんが、不顕性骨折や偏位が後からでて判明する骨折がありうるので痛み止めで様子を見ながら経過観察をしてください」というのが正しい説明があると思います。

患者さんは「結局骨折はあるの??」となってしまいがち。根気よく説明し、患者さんが過剰な検査を求めないよう医療者が根気よく説明する必要があるのだと思います。

 

ランキングに参加しています。他にも『研修医』『医師』をテーマにした面白いブログがたくさんあるので、よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

336*280

336*280

-研修医生活, 医学関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蕁麻疹か?アナフィラキシーか?

救急外来に「皮膚にぶつぶつが出てきた」という主訴で来院される患者さんが多数おられます。 食べ物?植物のかぶれ?運動?食事後の運動?寒冷?などなど誘引はお話を伺ってもよく分からないことがおおいですが、と …

厚生労働省作成の「かぜ診療ガイドライン」

以前抗菌薬の適正使用の難しさについて記事を書きました。 抗菌薬の適正使用って難しい。。。 経口第3代セフェム系の抗菌薬の処方は減ってきたなぁ、と思う一方で、「風邪に抗菌薬」はなかなかなくならない印象。 …

「御侍史」や「御机下」を多用する不思議な風習

学生の頃、病院実習をしていた頃から薄々感じていたのではありますが、働き始めて改めて実感すること不思議な『医療用語』の一つに「御侍史」「御机下」という謎の敬語があります。   例えば、開業医の …

総合診療専門医を志望する研修医が増えるとは思えない

マイナビDOCTORに「総合診療専門研修、過疎地域などの研修が「条件」~専門医機構が一次審査基準を改訂」という記事がありました。 https://doctor.mynavi.jp/contents/c …

テタニーと補正Ca

Myriams-Fotos / Pixabay 救急外来でよく見かける疾患として、「過呼吸症候群」が挙げられます。 僕が持っているイメージは、「過呼吸になって、CO2が飛んでいって、呼吸性アルカローシ …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている臨床研修医。2019年〜小児科後期研修医、2017-2019年初期研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。