のび太の後期研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活 医学関連 医学書レビュー

「研修医当直御法度」が身に染みるようになってきました

投稿日:2017-11-02 更新日:

早いもので医者になってもう7ヶ月が経ってしまいました。

 

4月にはこんな情けない記事を書いていました。

研修医当直御法度は4月に読むにはちょっと難しい

 

スポンサーリンク

 

今となっては、「研修医当直御法度」は身に染みる内容ばかりとなってきています。「当直御法度」が研修医必携書となっている理由がよく分かります。それほどまでに日常によく遭遇するエッセンスがこの当直御法度には詰まっているのです。

 

「意識障害」「頭痛」「脳血管障害・TIA」など症候別に記載されたのが赤い当直御法度です。

一方、赤い当直御法度と内容は被るのですが、症例ベースに記載されているのが青い当直御法度です。

4月の段階で読んでも全然ピンとこなかったのですが、今読むと理解度が全然違います。

 

・意識障害の患者さんで低血糖をデキスターで否定することなく頭部CTをまず撮影しちゃったなー

・朝方に腰が痛いと言って来る患者さんはどうせ結石だろうと思い、大動脈解離のことまでケアできてなかったなー

・肺炎疑いの患者さん、A-DROPもつけずに前例呼吸器内科コンサルにしてたなー

 

などなど、読み返すと反省点が枚挙にいとまがないくらい出てきます。

まあ、それだけ経験を積んで成長した、ということなのでしょう。これからも頑張っていきたいと思います(*^^*)

 

ランキングに参加しています。他にも『研修医』『医師』をテーマにした面白いブログがたくさんあるので、よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

 

 

336*280

336*280

-研修医生活, 医学関連, 医学書レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

穏やかな最期を迎え難い現状

初期研修2年も終わりかけとなった今日このごろ。いわゆるBLS, ACLSといった蘇生処置の初期対応について初期研修の当初はトレーニングをたくさん積みましたし、この2年間で幾度となく対応してきました。 …

研修医1年目を終えて

早いもので2017年度も終わりを迎えることとなりました。 研修医になってはや1年。来週からは2年目研修医として働くこととなります。 後輩が入ってきて、先輩になるのが不安です。。。 僕自身が1年目の時、 …

貯金が増える幸せ

プレジデントでこんな記事を読みました。 『富裕層は億の資産残高に全然ときめかない 庶民は低収入でも高貯蓄なら幸せ』 http://president.jp/articles/-/24829 &nbsp …

「患者さん少ないといいね」と当直で上級医に言われたら日に限って・・・

By: ER24 EMS (Pty) Ltd.   当直する時に上級医の先生に「今日は患者さん少ないといいねー」「今日は平和やといいねー」と言われることがあります。 「そうですねー。今日も平 …

マフィアが教える心肺蘇生

  最近、土俵上で心肺停止に陥った市長に対し心肺蘇生術を施そうとした女性が「土俵を下りて」とアナウンスされ、日本相撲協会が非難を受けることがありました。 救命処置の女性に“土俵下りて”(20 …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている臨床研修医。2019年〜小児科後期研修医、2017-2019年初期研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。