のび太の後期研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


研修医生活 医学関連

大腿動脈からの血ガス・血培をとるのは余裕!と思っていると。。。

投稿日:

前回に引き続き、裁判ネタです。

以前、「血ガスの入門書!竜馬先生の血液ガス白熱講義」という記事で、こう述べました。

研修医になってまずすることになる手技が大腿動脈からの動脈穿刺。呼吸状態が悪い患者さんに血液ガス分析をする際に必ず行う手技ですよね。

血管の太さがぜんぜん違うし、動脈は拍動していて分かりやすいので、大腿動脈からの採血は上腕静脈からの採血と比べて難易度は低いように僕は思います。

 

静脈採血と比べたら大腿動脈から採血するのは簡単やろー、と余裕ぶっこいていたのですが、こんな判例を見つけてしまいました。

 

裁判所のホームページより

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/064/083064_hanrei.pdf

 

要約すると、

胸痛による呼吸困難のため、大腿動脈より血ガスを取った際、神経損傷を引き起こしたため末梢神経障害が残った。そのため約400万円の賠償を行うこととなった

というお話。

 

やっぱり動脈穿刺はそれなりにリスクなんやな、と思います。

だから、コメディカルの方々は動脈穿刺してはいけないことになっているかー、とも思いました。

 

そして、「一度穿刺したら針の向きを変えてはいけない」とこの判決の中に書かれていて驚きました。動脈に当たらなかったら一度引いて針の向きを変えるのなんて、日常茶飯事なので、しっかり判例となっていてちょっと驚きです。

 

アタリマエのことですが、

  1. 鼠径靭帯(上前腸骨棘と恥骨結合を結ぶ線)よりも下で採血する(腸管穿刺を防ぐため)
  2. 拍動をふれる最強点で穿刺する。あるいは気持ち内側を穿刺

ということを遵守すべきなのでしょう。

 

僕は、大腿はVANなのでひよって内側を刺してしまい、Vガス分析にしてしまうことが時々あります。やっぱり自信を持ってAを刺すべきなんやろうと思いますが、Nを刺すのが怖くてVに刺しちゃいます。(このくだり医療関係者じゃないと意味不明でしょうが(^_^;))

 

冒頭のように余裕ぶっこいてないで、手技上達に努めていきたいものです。

ちなみに橈骨動脈穿刺はいまだにすごく苦手です。。。(;´Д`)

ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

336*280

336*280

-研修医生活, 医学関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

経口補水療法に白いDAKARAは飲んじゃダメ!?

急性胃腸炎や熱中症で救急外来に来られた患者さんに、経口補水療法(Oral Re-hydration Therapy)を指導することがあります。   脱水の際には点滴で水分・電解質を補うのも一 …

聖路加国際病院に労基署が入ったニュースを見て思う

slon_dot_pics / Pixabay 世間で聖路加病院の労働環境のニュースが騒がれています。 『聖路加病院に労基署、土曜外来を全科廃止へ』 日経メディカル2017年5月15日閲覧 http: …

コード・ブルー -3rd-season- 第10話 研修医目線の感想

今話題の月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の感想を書いていきたいと思います。 今回は第10話。最終回です。バックナンバーはこちらよりご覧ください。   スポンサーリンク …

死亡診断書を書く、お看取りについて考える

vargazs / Pixabay 研修医生活も1ヶ月あまりが過ぎ、もうそろそろ研修医の方々もお看取りを経験された方が多いのではないでしょうか。数人看取り、思い感じたことを記したいと思います。 医師に …

『内科レジデントの鉄則』は早めに身につけるべき鉄則集

41330 / Pixabay   梅雨に入り、外出することも減る今日このごろ。休日に「積ん読く」になっている本を読み切る日々です。本を読むのも大事だけど、本を読むだけでは身につかないのも事 …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている臨床研修医。2019年〜小児科後期研修医、2017-2019年初期研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。