のび太の後期研修医日記

人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる医師への道


医学関連 医学書レビュー

麻酔科ローテに必須の参考書

投稿日:

世間ではお盆休み。しかし、病院にお盆休みはありません。

「今週末は妙に救急外来に患者さんが、それも軽症の患者さんが多いな」と思って、よくよく考えるとお盆休みでした。開業医の先生は休みになるのに、なんでやねん、、、と思いつつ、日々働いております。

 

さて、麻酔科ローテによく使う参考書のレビューをしようと思います。

医学書を安く買う方法に関しては以前の記事をご参照ください。

 

 

スポンサーリンク

 

「麻酔科研修チェックノート」は定番の一冊

定番中の定番とも言える一冊です。このチェックノートを持っていない研修医は少ないのではないでしょうか。

ただ、内容はそこまで深くなく、麻酔の流れそのものはこの本を読んで勉強するよりも、実際に麻酔をかける方が何倍も早く身につきます。広く浅くカバーする本です。「チェックノート」というタイトルに偽りはありません。

実際のところ先輩あるいは麻酔科ローテを終えた同期に借りて使えば十分かなぁ、、、という本です。ローテ前に軽く目を通しておけば良いと思います。

 

「やさしくわかる!麻酔科研修」は軽く読み通せる読み物

こちらもよく紹介される本かと思います。

タイトルの通り、麻酔科研修のことがやさしくわかります。麻酔科医がどのようなマインドで麻酔をかけているのか概説しています。

僕はこの本でAラインの圧波形について勉強しました。軽く休み時間に読み通せる程度の軽い本です。この本も先輩あるいは麻酔科ローテを終えた同期に借りて使えば十分かなぁ、、、と思います。

 

スポンサーリンク

 

読破に時間がかかるが痒いところに手が届く『MGH 麻酔の手引き』

上で紹介した2冊はいわゆる安直本ですが、このMGH麻酔の手引は成書といってもいいのではないかと思えるボリュームです。麻酔の具体的な基準から、麻酔で使う薬の作用機序、麻酔法や麻酔薬の使い分けに至るまで詳細に記述されています。

麻酔科ローテ中は、麻酔中は暇なことが多いとおもいます。本を読む時間には恵まれていることが多いので、このくらいのボリュームの本は意外と読み通せてしまうと思います。僕の同期も1-2ヶ月のローテ期間中に読破している人が多いです。

 

以上、何かのご参考になれば幸いです!

 

ランキングに参加しています。他にも『研修医』『医師』をテーマにした面白いブログがたくさんあるので、よろしければクリックいただけると幸いです!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

研修医ランキング

 



 

 

336*280

336*280

-医学関連, 医学書レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

緊急避妊薬のオンライン処方解禁へ

緊急避妊薬のオンライン処方が可能となるそうです。以下の記事に詳細が記されています。 「緊急避妊薬オンライン処方解禁へ 望まぬ妊娠回避に期待」(2019年3月29日閲覧) https://headlin …

糖尿病内分泌内科ローテ必携の2冊+α

糖尿病内科ローテはたいていの研修病院で指定されていることと思います。 教育入院で入院されている患者さんが多く、なかなかラクなローテとなる病院が多いかと思いますが、他科の患者さんでも糖尿病を合併してらっ …

深いヤケドにリンデロンVG軟膏は禁忌!

救急外来で対応に苦慮する疾患の1つに皮膚疾患があります。 実際問題、救急外来で対応を求められる、命に関わりうる皮膚疾患は薬疹が多いのかな、と思うのですが、ヤケドや帯状疱疹の患者さんも時々来られます。な …

意外と便利なイヤーノート

webandi / Pixabay   医学生5・6年生なら誰でも持っているイヤーノート。この参考書が使えるのは学生時代だけかと思いきや、意外と研修医のときも使えますし、内科専門医試験まで使 …

二日酔いにロキソニンは有効か?

面白い治験を見つけたのでシェアしたいと思います。 治験には2種類あります。 製薬会社主導の治験 医師主導の治験 一般には治験というと、製薬会社主導の治験が多いですが、最近では医師主導の治験も少なくとも …

doctor_dog

doctor_dog

プロフィール

名前:のび太
とある国公立大学を卒業し、とある病院で働いている臨床研修医。2019年〜小児科後期研修医、2017-2019年初期研修医。研修医になって見て感じたことを記録に残したくてブログをはじめました。のび犬じゃないよ笑

※当ブログに掲載している情報、特に医学的情報は医学を勉強途中の研修医の意見に過ぎません。その点を留意の上お読みくださいませ。

twitterのフォローはこちらから!

 

人気記事TOP10

当サイトは第三者配信の広告サービスGoogle Adsenseを利用しています。広告配信事業者はCookieを使用して 閲覧者の興味に応じた広告を表示します。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細はこちらのページをご覧ください。